So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか! [読書メモ2017]

『先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか!』 小林朋道 2017/05

先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)
著者は鳥取環境大学教授。専門は動物行動学、人間比較行動学。 鳥取環境大学での活動・エピソードを紹介する本。

 私が学生に話した”悟り”は、「苦しいときは仕方がないけれど、可能なときには相手と自分がうれしさを感じられることをすればいい。人生の中でそれをできるだけ多くやって、死ねばいいんだ」だった。
 オカヤドカリは「国の天然記念物」に指定されているのだが、ペットショップでも売られている。日本では主に小笠原諸島と南西諸島の海岸に見られるが、日本で繁殖して世代をつないでいるわけではないらしい。海流に乗って日本に流れつくのだろうと考えられている。 よくよく調べてみると、(流れつく)オカヤドカリの数は結構多かった、ということらしい。
 ヤドカリを貝殻から出すのは次のような方法で行なう。ヤドカリが入っている貝殻の頭頂部に熱したハンダごてをつけてじっと待つのだ。性格にもよるが、数分以内には貝殻から体全体を出してしまう。
 ヤドカリは、裸にされるまで自分が入っていた貝殻と大きさが一番近い(アクリル板の向こうの)貝殻の前に一番長くとどまる。自分の体に最適の貝殻の大きさを、見るだけでわかるのだ。
 洞窟の中で子どもを残して餌を取りに行った母コウモリが、洞窟に戻って子どもを探すとき、母と子が互いに超音波を発しそれを頼りに両者は間違いなく出会うのだという。そのためにも子どもの耳は、生まれた時点でしっかり働かなくてはならない。それが、子どもの耳が大きい理由の一つだと考えられる。
 コウモリの子を育てるときの主食は人間の乳である(成分的に牛乳ではだめなのだ)。薬局で人間の子ども用の粉ミルクを買うのだ。
 放牧されているヤギたちは、放牧場の中では食べられないものを、外から取ってきてやるととても喜んで食べる。 同一種の植物がもつ防衛化学物質が蓄積していくのを避ける意味があるのだろうと推察されている。
 動く餌を追って狩りをすることが多い肉食哺乳類(イヌ)は、見えなくなった餌の居場所を脳の中で見つめる。動くことのない餌を食べる草食哺乳類(ヤギ)は、視界からまったく消えた餌の場所を脳の中で執拗に追ったりはしない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏 [読書メモ2017]

『外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏』 ドイチェ・アセット・マネジメント資産運用研究所 2016/07

外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏
 投資信託の仕組みを紹介する本。

 2015年の公募投資信託の残高が100兆円を超えた。 我が国では「運用成績の良い投資信託ほど解約が多い」ケースがある。世界中の運用担当者から「日本の投信は複雑怪奇」と思われているようだ。
 米国の家計金融資産残高は日本の5倍程度。投資信託の比率も日本の5.5%に対して、米国は13%と2倍以上。残高では米国は日本の10倍以上。
 REIT(不動産投資法人)も投資信託の一つ。
 「ファンド」は一般に、「多くの人から集めた資金を投資顧問会社などの機関投資家が代行して運用する金融商品」。ファンドの中でも「行政の監督を受けた運用会社によって厳正な管理の下で運用されている」ものを「投資信託」という。
 ETFは公募投信でありながら、その大部分を日銀や機関投資家が保有している。日銀の保有残高は43%。
 投信の運営は、運用会社、販売会社、信託銀行(資産管理)の三者で行なわれる。
 投資信託には「単位型」と「追加型」がある。 単位型は設定された後、解約は可能だが追加の買い付けはできない。原則、事前に決められた信託期間をもって償還される。
 投資信託にかかる費用は、大きく分けて3つ。「販売手数料」「運用管理費用(信託報酬)」、解約時にかかる「信託財産留保額」。
 投信のメリットは、少額・分散、専門家による運用と透明性。
 日本で人気が高いファンドのファンドマネージャーの多くは、実質的に外国人が担っている。
 2015年に新設されたファンドは709本。
 ファンドの繰り上げ償還の理由としてもっとも多いのは、残高の減少によって運用方針に沿った運用ができなくなるというもの。
 パフォーマンスの9割程度はアセットアロケーション(資産配分)で決まる。
 ブルベア型のファンドは、あくまで短期的な上下に「賭ける」商品。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方 [読書メモ2017]

『ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方』 加谷珪一 2016/10

ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方
著者は経済評論家。 アベノミクスの次の経済政策に備えた投資行動を論じる本。

 量的緩和策が現実路線に修正され、大規模な財政出動が実施される状況となった場合、日本経済は大きな転換を迎えることになる。
 ポスト・アベノミクス時代に、中核となるべき経済政策はもはや存在していない。主役なき経済政策の時代。
 外国人投資家の(株式)投資残高は2015年からすでに7兆円も減少しており、事実上日本市場から撤退した状態。
 アベノミクスが始まって以降、経済成長の多くは、政府支出や公共事業によって実現されてきた。 ポスト・アベノミクス時代においては、本当に財政出動の強化でよいのか、金利上昇リスクにどう向き合うのか、といったところが議論の焦点となる。
 当分の間、為替レートは100円という購買力平価を意識しながら動く。
 賃金を低下させる最大の要因は、日本の雇用慣行。(日本人は)賃金よりも雇用の安定を望んでいる。 日本の賃金は、今後もあまり上昇しない可能性が高い。
 低金利が継続する限り、一定割合のマネーはリスク資産に向かわざるを得ず、相場の下支え要因となる。 日本の株式市場は、高値を追うことはできないにしても、一定の水準以下には下がらない可能性が高い。
 外国の機関投資家はすでにほとんど日本市場から撤退しており、これ以上積極的に日本株を売る売り手がいない。
 高齢者にやさしい条件を備えた物件(不動産)のニーズは、当分なくならない。 REITは基本的に優良物件ばかりなので、リスクは少ない。
 日本株の過去の動きを分析すると、平均6%のリターンがあり、25%程度の(下落)リスクがある。 リスク資産の基本は株式。
 潜在GDPを決定するのは、お金と労働者の数とイノベーション。 イノベーションを生かすも殺すも、日本社会が雇用の流動化を受け入れるか否か次第。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

8月第3週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『世界の壁は高くない』 鳩山玲人 2015/12
『中国「歴史認識」の正体』 石平 2015/08
『男子劣化社会』 フィリップ・ジンバルドー 2017/07
『国が崩壊しても平気な中国人・会社がヤバイだけで真っ青な日本人』 谷崎光 2016/02
『ブラックホールをのぞいてみたら』 大須賀健 2017/07

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界の壁は高くない [読書メモ2017]

『世界の壁は高くない』 鳩山玲人 2015/12

世界の壁は高くない
著者はサンリオ常務取締役。 海外ビジネスの要点、日本との違いなどについて紹介する本。

 私がよく実感するのは、生まれ育って培ってきた基本的な感覚や感性の違い、ともいうべきもの。英語でいえばコンテクスト(文脈)。たとえば、米国のコメディ映画を見ている米国人が、ゲラゲラ笑っているのに、自分はまったく笑えないような体験。
 フランス人からは、カルロス・ゴーン氏の顔は日本人に見えるという。
 米国のコンテクストとイギリス、フランス、ドイツ、イタリアのコンテクストもまた違う。大事なのは、コンテクストの違いが存在している、と認識しておくこと。
 日本語のあいまいな、「検討します」「考えておきます」などがトラブルになる。 特に欧州では、取引において口約束が法的拘束力を持っていることも多く、安易な表現が相手に逆手に取られてしまう。 大事なことは、きちんとお互いの意志を確認するということ。わからないときには、その都度ちゃんと聞く。
 海外法人で働くメンバーは、一般的に日本と比べ、働く時間帯が短い。夕方の5時や6時の終業時間にはきっちり帰る。 カルロス・ゴーン氏は、ルノーにて、「どうして日本人のように働けないのか?休暇も長すぎる」と発言し、フランス内でひんしゅくを買っているという。
 バングラデシュよりもエチオピアのほうが、賃金が3分の1でありながらも、労働意欲が高いということで、製造現場がアフリカへシフトしてきている。
 海外にいて日本に帰ってくると、痛感するのがビジネススピードの差。 とりわけ米国は速く、中でもシリコンバレーは本当に速い。
 米国人の交渉は何が違うのかというと、交渉のテーブルに着く前に、交渉のポイントをしっかりまとめている点。 必要な結果を出すための選択肢として、日本人が交渉しないということも考える。
 海外ではすでに、取締役会の構成は、社内から1人か2人、社外が大多数というのが一般的。
 海外事業を行うにあったってもっとも重要なのは、現地化すること。 海外人材を日本人が直接マネージメントしないこともひとつの選択肢として検討すべき。(外国人による)中間マネジメントをつくることも重要。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

中国「歴史認識」の正体 [読書メモ2017]

『中国「歴史認識」の正体』 石平 2015/08

中国「歴史認識」の正体 ~繰り返される歴史改ざんの大罪
著者は中国問題評論家。 中国共産党の歴史認識(改ざん)は、かつての王朝が行ってきたものと同じという本。

 彼(習近平)は言う。「抗日戦争中に中国軍民の死傷者は3500万人に上り・・・」 中国政府はいかなる公式文書においてもこの「3500万人」という数字を弾き出した根拠を示したことがない。何の根拠もなく共産党政権によって一方的に言い出されただけである。 たとえば1950年共産党政権が樹立した直後に発表された数字は1000万人であったが、1985年には2100万人となった。そして反日教育が始まった江沢民政権下の1995年、この数字はいきなり現在の3500万人に膨れ上がってしまった。
 私自身が小中学生の頃、中国の教科書には南京(大虐殺)の「な」の字も出ていなかった。大学時代のクラスメイトの1人は先祖代々南京市民であったが、その友人は、自分の祖父母からも父母からも「南京大虐殺」の話を一度も聞かされていないと、本人が証言している。
 日本に対して「歴史戦」を挑むことで、中国はいくつかのことを手に入れようとしている。1つ目は日米同盟の解消だ。中国はアメリカ国内で「対日歴史戦」の展開に力を入れている。 2つ目は、自分たちが現在進行形で南シナ海で行っている侵略行為を覆い隠す、あるいはアジア諸国の目を逸らそうとしている。
 彼らにとって歴史は単なる道具にすぎない。 歴史を恣意的に改ざんして捏造することは、この国の長い伝統であり、中国の歴代王朝は、その常習犯だった。 中国では新しい王朝が成立すると、まず最初に前王朝時代の歴史書を作り始める。前王朝の歴史を貶めることで、現王朝の正当性を証明(粉飾)するためだ。
 中華民国が打倒されたことにより、産声を上げた実証的な「新史学」は捨て去られ、粉飾・捏造を特徴とする伝統「史学」が復活した。 中国共産党政権が抹消したのは、中華民国時代の政治・外交上の功績だけではない。ありとあらゆる功績が否定され、歴史から消されていった。
 中華民国の功績を徹底的に否定する一方で、「四大家族(蒋介石一族ら)による中国支配」という歴史の捏造を行った。
 紅軍は蒋介石を最高司令官とする軍に編入され、国民党政府軍の中の「第八路軍」となった。日中戦争における中国共産党軍のことを「八路軍」と呼ぶのはここから来ている。8番目の部隊だから「八路軍」なのだ。現在の中国人の多くは「八路軍」という名称を固有名詞のように扱っている。
 結局のところ、現代中国における歴史とは、中国共産党主流派を正当化するための道具でしかない。
 そして、常に忘れてはいけないのは、国際社会こそ「歴史戦」の主戦場ということだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

男子劣化社会

『男子劣化社会』 フィリップ・ジンバルドー 2017/07

男子劣化社会
著者はスタンフォード大学心理学名誉教授。 オンラインのゲームとポルノで男性が劣化しているという本。

 欧米社会は男たちに、自分の行いに責任を取り、他の人々と力を合わせて地域社会や国全体をよりよくする誠実かつ行動的な市民であることを要求する。だが皮肉なことに、社会は彼らにこういったゴールの達成をめざさせ、関心を持たせるための援助も指導も手段も、また実現の場も与えていない。
 30歳未満のカテゴリーでは、史上初めて学力的にも経済的にも女性が男性を上回りつつある。若い男性は女性より親と住む率が高い。
 世界中ですでに数十年も前から、全科目で女子は男子より成績がよい。
 特別支援学級では生徒の3分の2が男子だ。IQの問題ではない。単に男子が努力をしていないのであって、それはのちに職業選択のオプションを狭めることになる。
 近年、多くの若い男性が社会的孤立を自らに押し付け、ポルノやゲームに過剰な時間を費やしている。その悪循環に中心的な役割を果たしているのが、彼らのシャイな気質である。
 若い女性がゲームに没頭する時間は男性とは比べものにならないくらい短い。男性の週13時間に対し、たったの5時間である。
 過去30年に成人の肥満は倍増したが、思春期の子どものそれは3倍増した。 肥満男性はテストステロンのレベルが低い。最大の悪影響は、妊娠させる能力以前の、性行為そのものに表れる。
 ADHDの治療に使用されるような刺激性の強い薬を動物の子どもに投与する実験をしたところ、成長した後に活力の喪失が見られた。 薬物治療をたっぷり受けた新世代が大人になるにつれ、さらに無気力が顕著になる可能性がある。
 ヨーロッパ北部の若者の5人に1人は、生殖能力に影響するほど精子が少ない。さまざまな要因があるが、その一つは、「内分泌攪乱物質」(環境ホルモン)。
 ポルノサイトのユーザーの大多数が24歳以下の男性で、彼らのほとんどが家で1人で、またはこっそり学校で見ている。 問題は1人で頻繁にポルノを見ることがさらなるひきこもりや、恋人に対する感情的な隔たりへとエスカレートしていくことにある。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

国が崩壊しても平気な中国人・会社がヤバイだけで真っ青な日本人 [読書メモ2017]

『国が崩壊しても平気な中国人・会社がヤバイだけで真っ青な日本人』 谷崎光 2016/02

国が崩壊しても平気な中国人・会社がヤバいだけで真っ青な日本人
著者は作家。北京在住15年目。 最近の中国の社会状況を紹介する本。

 国の崩壊が中国の歴史であり、彼らにとっては、自国の崩壊ぐらい慣れっこなのである。
 日本人が中国人に金を積んでも学ぶべき、たったひとつのことがある。それは、不安定な世をいかに生き抜くか、である。 これからは日本も、正解のない不安定な社会になる。
 (中国では)老人も元気である。というより、土地改革や文化大革命があり、元気なのしか生き残っていない、とは中国人の弁である。
 中国人は、公務員であろうが、会社員であろうが、90%以上が別の仕事を持っている。
 中国人は会社など、自分専用のビジネススクールぐらいにしか思っていない。だから優秀な社員ほど、学ぶことには熱心である。
 どこの国でも一番確実に、簡単にお金を稼ぐ方法は、その国の政府がやっている金儲けと同じことをすること。不動産と株。中国でもまさにドンピシャであった。
 中心部のオフィスから地下鉄とバスで2時間近く、日本人から見れば2LDK、1500万円クラスのマンションでも、北京の場合、5000万円ほどする。
 民間企業も、頭角を現すと、政府に乗っ取られてしまう。 上層部に政府幹部やそれがらみの黒社会が入り込んで、資金をむさぼるのである。企業トップが言うことを聞かないと、小さな理由をつけて逮捕してしまう。
 モノとお金とサービスがあるところで、不正のないところは絶対にない。マクドナルドでコーヒーを買えば、レジを打たない。デパートで靴を買えば、伝票を切らない。万引きされたことにして、売上を自分のものにするのである。
 中国で生き抜くのに必要なのは、人の言うことを聞かない「ヤンキー力」である。
 中国人が謝るときは、弁償がともなうのである。だから普通は死んでも謝らない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ブラックホールをのぞいてみたら [読書メモ2017]

『ブラックホールをのぞいてみたら』 大須賀健 2017/07
ブラックホールをのぞいてみたら
著者は国立天文台理論研究部。ブラックホールの研究者。 ブラックホールについてやさしくおしえる本。

 ブラックホールに地面は無い。 事象の地平線が黒く見えるブラックホールの表面に対応する。中心部は特異点で、無限に小さな点。その周りはスカスカの空洞。 事象の地平線も地平線と名が付いているだけで、そこにはなにもない。 特異点がどうなっているのかは、現代の物理学をもってしても解明できていない難問。
 地球を半径1cmまで潰すとブラックホールができあがる。
 遠方の観測者から見ると、事象の地平線に近づく宇宙船はスローモーションになり、地平線のところで止まって見える。 事象の地平線近辺では重力赤方偏移という効果が働き、ちょうど事象の地平線のところで発せられた光は、波長が無限大になる。
 恒星質量ブラックホールは太陽の10倍程度の質量。大質量ブラックホールと呼ばれるものは、太陽質量の100万-5000万倍以上。 大質量ブラックホールは銀河の中心に鎮座している。 我々の銀河系(天の川銀河)の場合は、少々控え目で太陽質量の400万倍。
 厳密にいえば「ブラックホール」ではなく、すべて「ブラックホール候補天体」。
 一般相対性理論の式を解いてブラックホールの解をみつけたのは、シュヴァルツシルト、1916年。
 大まかに、太陽質量の8倍より軽い星が死を迎えると白色矮星が、8-25倍の場合は中性子星が、25倍以上の場合はブラックホールができると考えられている。
 宇宙で最も明るい天体のひとつがブラックホール(の周囲のガス)。ブラックホールの周囲のガスは、近づくにつれて高速となり、最終的に光速の数十%にもなる。このスピードで摩擦が起き、ガスは10万度から10億度という高温になり、強力な紫外線やX線を放射する。
 太陽の10兆倍の明るさのクェーサーの正体は大質量ブラックホール。
 大質量ブラックホールの質量は銀河のおよそ1000分の1で、銀河の大きさに比例する。なぜ比例するかは謎。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

8月第2週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『9プリンシプルズ』 伊藤穣一 2017/07
『人生を愉快にする!超・ロジカル思考』 千田琢哉 2016/03
『少ない人数で売上を倍増させる接客』 成田直人 2017/05
『察しない男 説明しない女』 五百田達成 2014/07
『18時に帰る』 秋山開 2017/06
『ローソク足チャート究極の読み方・使い方』 伊藤智洋 201706

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -