So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

コンプレックス文化論 [読書メモ2017]

『コンプレックス文化論』 武田砂鉄 2017/07

コンプレックス文化論 [ 武田 砂鉄 ]


著者はフリーライター。 文化人(?)のコンプレックスに関するインタビューなどをまとめた本。

 コンプレックスが文化を形成してきたのではないかと仮説を立て、しつこく考察していくのがこの本だ。
 天然パーマ: 天然水にしろ天然酵母にしろ、天然と名がつけば無条件で歓迎され、その鍛錬が称えられる世の中なのに、パーマだけが天然であることを良しとしない。
 重度の天然パーマだった手塚治虫は、髪を洗い乾かすと、クルンクルンが束になって固まり、耳の上の両側が犬の耳のように立ったという。そう、これがアトムの髪型のモデルとなった。
 下戸: 下戸は、体質的に酒が飲めない人のこと、に留まらない。酒を飲みたくない人も下戸と呼んでかまわない。自分もこのタイプだが、誰も下戸とは認めてはくれない。「こういうときくらい、いいだろ?」と、詳細の明かされない連体詞「こういう」が年に何度も強権を行使する。
 スカート(ポップバンド)澤部渡インタビュー: みんな、壁を越えるために飲みたいらしいんですけど、壁があるから飲みたくないんですよね。 酒場のエピソードは面白い、みたいな前提は勘弁して欲しい。 酒が飲める・飲めないに、人生や人格を絡めないでほしい。もっと別の物差しで見てくれって思いますよ。
 一重(ひとえ): AKB48の選抜メンバー16人中16人が二重。ももいろクローバーZも5人中5人、こちらも100%。アイドルが不完全を積極的に愛でてもらうことを想定している時代。しかし、二重が100%という数値を見る限りにおいて、二重はその不完全にすらカウントされていない。 選ぶまでもなく、みんなが二重。 アイドルを目指す人が一重ならば、その活動の入り口にすら立たせてくれない。 少女漫画の世界で、主人公クラスの女性が一重の漫画はないのかと、詳しい知人に尋ねてみると、即座に「思い当たらない」との返信。少女漫画における目の在り方は、潜在的に日本人の美意識を定めている可能性に気付く。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「あて字」の日本語史 [読書メモ2017]

『「あて字」の日本語史』 田島優 2017/06

「あて字」の日本語史 [ 田島優 ]


著者は明治大学法学部教授。 あて字が日本語の中でどの様に使われてきたのかを解説する本。

 1970年代から80年代にかけて大きな社会問題となった暴走族は、画数が多く、意味の良くない漢字を好んで使用していた。「夜露死苦(よろしく)」「仏恥義理(ぶっちぎり)」などが、スプレーでうまく描かれていた。これらもあて字である。
 ライトノベルのコーナーを覗くと、そこはあて字の宝庫である。『聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)』など、振り仮名がなければ読めそうにないタイトルの本が多く並んでいる。
 あて字は、大きく分けると、①漢字の音や訓を利用して書き表す方法と、②語の意味を熟字で書き表す方法、との2方式がある。 ②は、キラキラネームでは「七音(どれみ)」や「騎士(ないと)」などが該当する。
 ②のグループに入るものでも、「小豆(あずき)」「大人(おとな)」「足袋(たび)」「土産(みやげ)」「紅葉(もみじ)」などは慣用的であり、さらに「常用漢字表」の「付表」として認められている。
 記事の見出しの「政高党低」は、気象用語「西高東低」と関係があることはすぐに察せられよう。新聞ではこのような既存の語の音を利用したあて字が多い。 新聞では基本的には国の定めた「常用漢字表」に従っている。その常用漢字表は振り仮名の使用を正式には認めていない。あて字に関しても、「付表」に示されたもの以外はその使用を認めていない。
 地名や人名など固有名詞の漢字表記は極端な言い方をすれば、すべてが「あて字」である。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

9月第4週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』 伊藤元重 2014/08
『なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。』 中谷彰宏 2016/01
『面白くて仕事に役立つ数学』 柳谷晃 2017/08
『大不平等』 ブランコ・ミラノヴィッチ 2017/06
『必勝法の数学』 徳田雄洋 2017/07

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと [読書メモ2017]

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』 伊藤元重 2014/08

東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと
著者は東大大学院経済学研究科教授。ウォーキングエコノミスト。 若者に伝えたい人生で大切なことをまとめた本。

 優秀な人ほど人生の目的を気にかけない(そして躓く)。
 あの(都立大学で助教授を務めた)2年間、電車の中でひたすら数学の本を読み続けたのはよい経験であったと思う。自分が慣れ親しんでいる世界とは違った世界を一度でも見た人は、それだけ視野が広くなる。
 メモは読み返すためというよりは、書くことに意義がある。ただ、最近は情報通信機器(iPad)の発達のおかげで、自分のメモを読む機会が増えている。
 原稿を書くというアウトプットこそ、(情報を集めてまとめるということで)実は最良のインプットでもある。
 講演こそが頭を整理する最大の機会。 要するに、人前で話すということが、私にとっては重要なインプットとなっているのだ。 話すという行為の中で出てきたアイデアの中には、驚くほど深い意味を持っていると後で気づくものが含まれていることが少なくない。
 せめて週に1度、1時間程度、1人きりの時間を作り、その週の仕事についての反省と次への課題を考える時間をとったらどうだろうか。
 プロの議論を鵜呑みにしてはいけない。自分の直感や疑問を大切にしなくてはいけない。プロが向きになって「素人はわかっていない」というときにこそ、プロにも見えていない大きな変化が起きている可能性があるのだ。
 人間は、つねに自分の周りの人を参考にする。あるいは自分の周りに目標にする人を探すものだ。いろいろな生徒が雑多にあふれている教室は、そうしたロールモデルの宝庫なのである。先生がどんなに頑張っても、(影響を与えるという点で)同級生にはかなわないのだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。 [読書メモ2017]

『なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。』 中谷彰宏 2016/01

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。
著者は、著作・講演活動で活躍。 気軽にもっと読書をしてみなさいという本。

 本を読む人の格差が知性の格差になり、結果、収入の格差につながる。 本を読む人同士、読まない人同士で集まる。これによって世界が2つに分かれる状態が今起こっている。
 「まとまった時間がなければできない」と言うのは、習慣のない人。
 まわりのみんながスマホを出している時が、本を読むチャンス。
 ハズレの本に出会った時に、本を途中でほうり出す権利がある。
 セクシーは知性から生まれる。
 いざとなってからでは、思考回路が6割になって、理解できない。必要になる前に読んでおこう。
 売れている本には、理由がある。
 読むことで、自己肯定感が上がる。
 本を読む時の判断基準は、「この本はあと味がいいかどうか」。
 正解する楽しさより、考える楽しさを味わう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

面白くて仕事に役立つ数学 [読書メモ2017]

『面白くて仕事に役立つ数学』 柳谷晃 2017/08

面白くて仕事に役立つ数学
著者は著作家。 数学についてのうんちくやエッセーのようなもの。

 ビッグデータがあっても、リーマンショックは防げなかったと思います。それは、「上がり続けて欲しい」という人々の願望が、経験からの判断力を曇らせていたからです。 ビッグデータのような大きなデータのかたまりは、ノイズのようなもの。そのときたまたま起こった現象も非常に多く含まれるため、本質が見えづらくなっています。
 「80%の売上は20%の商品でカバーできる」という定説は、アマゾンの本の売上には適用できないようです。 ともあれ、パレートの「80対20の法則」を何にでも当てはめるのは間違いです。
 繰り返しますが、一つの数字ですべてを判断することはできません。日経平均だけで相場を判断できないことはもちろんです。
 「0」という記号を最初に使ったのはバビロニア。紀元前400年くらい、まだ数字のない時代に、位取り記数法に0の機能を持つ記号をつくった。
 統計の基本はすべてのデータを集めることではなく、一部のデータを使って全体像をつかもうとする理論であることを覚えておきましょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

大不平等 [読書メモ2017]

『大不平等』 ブランコ・ミラノヴィッチ 2017/06

大不平等――エレファントカーブが予測する未来
著者はルクセンブルク所得研究センター上級研究員。 所得・資産の不平等の背景を考察する本。

 この10年ほどのあいだに、人類史上初めて世界の全個人の所得水準を評価・比較するのに必要なデータが入手可能となった。 過去2世紀の、そしてとりわけ過去25年間のグローバルな不平等を研究することで、世界がいかに変わってきたかが見えてくる。
 1988-2008年の間の実質所得の伸び(割合)が最も高いのは所得の中間値付近の層、次が上位1%の層。その間(点B)には、伸びがゼロの層が存在する。点Bではアメリカ人、日本人、ドイツ人が大半を占めており、それぞれの国の所得分布では下半分に属している。
 同じ期間の所得増加の絶対増加分で比較すると、44%は上位5%の人に渡っている。対照的に、現在のグローバリゼーションで最大の受益者だとした新興グローバル中間層は、2-4%しか受け取っていない。
 アメリカの不平等のピークは1933年で、原因は失業率の高さと、それによって多くの家庭の所得が下がったこと。
 (18-20世紀前半の)不平等の縮小は、どの国でも、実質所得の大幅増加と同時に起こっている。
 1820年には、グローバルな不平等のうち、各国間の差によるものは20%にすぎず、大半は各国内での差から生じていた。その後の100年間で割合が逆転し、19世紀半ばまでには、グローバルな不平等の80%はどこで生まれたかで決まり、社会階級で決まるのは20%だけになった。
 人口加重した各国間の不平等は、1970年代の終わりから一貫して縮小している。これは中国が成長が上向き始めた時期にほぼ相当する。
 新しい資本主義では、豊かな資本家と豊かな労働者が同じ(ベンチャー企業の経営陣のような感じ)になる。この状況は社会から受け入れられやすい。こうして不平等は実力主義という衣装を纏う。
 グローバリゼーションによって、不平等の最大要因(具体的には資本所得)への課税強化が非常に難しくなっている。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

必勝法の数学 [読書メモ2017]

『必勝法の数学』 徳田雄洋(たけひろ) 2017/07

必勝法の数学 (岩波科学ライブラリー)
著者は東京工業大学名誉教授。 ゲーム・勝負ごとの必勝法を数学で解説する本。

 ツェルメロの定理:交互型2人ゲームは、先手に必勝法があるか、後手に必勝法があるか、両者最善手で必ず引き分けかのいずれかである。 すなわちミスをしないプレーヤー同士が対局した場合、先手・後手の順番を決めた瞬間に、戦わずして勝敗が決まってしまう。
 2山くずしで、山のサイズが同じなら後手必勝、違えば先手必勝。 交互に1個以上の石を取り去って、取り去る石のない人が負けとなるルール。 2つの山の個数を同じにして相手に渡すのがポイント。
 同時型2者択一ゲームの場合、たとえば、「明日虹が出るか」を予言する場合。 最大の最小利得を得るには「虹あり」を半分、「虹なし」を半分の頻度で言えばよろしいことになる。こうすれば虹がどのような出現頻度で起ころうとも平均利得1/2以上が保証できる。
 慎重な投資と大胆な投資はどちらがよいか: 投資に成功する確率をp、手数料は無料、成功した場合は投資額だけ手持ち残高が増え、失敗の場合は投資額分失う、とする。 1/2<p<1の場合、一番慎重な戦略が最適。 0<p<1/2の場合、一番大胆な戦略が最適である。p=1/2の場合はどちらも最適である。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

9月第3週に読んだ本(まとめ) [読書メモ2017]

『お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?』 坂下仁 2016/12
『リーダーたる者の極意』 梅谷忠洋 2015/12
『池上彰の世界の見方 中国・香港・台湾』 池上彰 2016/11
『金利「超」入門』 美和卓 2017/08
『脳は変わる』 モーヘブ・コスタンディ 2017/06
『海水の疑問50』 上ノ山周 2017/09

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか? [読書メモ2017]

『お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?』 坂下仁 2016/12

お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?
著者は元メガバンク行員。 長期的にお金を増やす方法を教える本。

 お金のプロたちは、あなたのお金を増やすプロではなく、あなたからお金を吸い取るプロ。
 お金の定理: ①正しく分散するとお金は安全に増える ②手数料と税金は少ないほどお金が減りにくい ③複利で運用するとお金の増え方が加速する。
 日本の銀行、証券会社、生保会社は過去20年ずっと逆をやってきた。その結果、アメリカ人やイギリス人が20年間で金融資産を3倍に増やしたのに対し、日本人はその半分しか増やせなかった。 日本には3つの定理に忠実な金融商品はほとんどない。
 日本の富裕層は、ほぼ例外なく投資信託や投資型保険には見向きもしていない。
 行き過ぎた社会保障と所得税の源泉徴収制度が、日本人を過保護にしたせいで、お金を管理する能力が退化した。
 世間では、老後資金として3000万円必要だと言われる。ただし持ち家があることが前提。
 日本の金融商品は文字通り「お金が融けて」しまい、最悪の場合にはなくなる。
 多くの金融機関が投資商品の販売を、顧客の資産形成より手数料稼ぎに重きを置いてやってきた。 投資信託を毎年売買すると22年で元本がなくなる。
 消去法で選ぶと国内勢は国債くらいしか残らない。 ETFとJREITは多少はまし。
 必ずやるべき投資は、「確定拠出年金でインデックスファンド」。個人事業主や中小企業経営者なら「小規模企業共済」も外せない。他に「海外の良質な分散投資商品」、さらに「妻社長メソッド(副業で妻を社長に)」。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -