So-net無料ブログ作成

ストーリー思考で奇跡が起きる [読書メモ2017]

『ストーリー思考で奇跡が起きる』 小山竜央 2015/09

ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚本」の作り方~
著者は(株)ライブクリエイト代取、講演会コンサルタント。 目標ではなく、目的とストーリーを持って生きましょうという本。

 多くの人が成功しないのは、奇跡を起こすための「仕組み」を知らないから。奇跡というものはすべて「脳の仕組み」を理解することで誰もが起こせる「現象の一つ」にすぎない。
 多くの人が誤解しているポイントは、「役に立つこと」を学び、行動すれば結果が出る-そう思い込んでいること。 成功している人がお金と時間を使うのは、「役に立つこと」ではなく「今、自分にとって必要なこと」。 結果の出ない人は「いつか使うかもしれないけれど、今は必要ない」知識をどんどん溜め込む。
 目標を設定すると「やらされている感」が強くなり、途中で挫折する。 目標達成ではなく、もっと大きな視野を見据えた「目的(テーマ)達成」を目指す。 目標はテーマ達成に至るまでの通過点。そこに行き着くまでの出来事はストーリーそのもの。ストーリーの力を活用して目的達成を果たす考え方を「ストーリー思考」と呼ぶことにした。
 ソフトバンク会長・孫正義の言葉「登りたい山(テーマ)を決める。これで人生の半分が決まる。だけど、腹の底から決めきれてない人が、実は99%」。
 半年経っても1年経っても、一向に変化が現れないとしたら、それはあなたがストーリーテラーの立場を放棄しているか、邪魔をする要因を排除できていないせい。
 未来を変化させる3つのイベント:①テーマ達成に近づく出来事 ②強制力がある出来事 ③人が関係する出来事。
 自分の力だけに頼っていては、奇跡は起きない。必要なのはイベントをきっかけにしてストーリーの流れをテーマ達成に近づけていくこと。
 ストーリーの中で、ぜひ登場させたいのがメンター。 手段はどうであれ、その分野における第一人者から学ぶという姿勢を持つ。
 ストーリーの中で大切なことは、まずは結果ではなく、イベントを起こすこと。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0