So-net無料ブログ作成

効く健康法 効かない健康法 [読書メモ2017]

『効く健康法 効かない健康法』 岡田正彦 2015/08

効く健康法 効かない健康法
著者は新潟大学名誉教授。 巷の健康情報をエビデンスに立脚して評価する本。

 現代人はコレステロールの取りすぎ。 一方、2015年に日本動脈硬化学会が「食事で取ったコレステロール量と血中コレステロール量とは関係がない」との声明を発表した。ただし、食事でコレステロール量を気にしなくていいのは、検査値に異常がない人に限る。
 牛乳を毎日ガブガブ飲んでいる人(大人)は、脂肪の取りすぎになりやすい。
 にんにくに含まれるビタミンB1やアリインなどの成分は補酵素。それ自体は疲労回復にはつながらない。
 食肉が問題となるのは脂質が多いから。たんぱく質自体は動物由来も植物由来も同じ。
 「脳を働かせるのに糖分が必要」というのは、お菓子を売りたい人たちの宣伝文句。 GI(グリセミック指数)が低い食べ物=消化の悪い食べ物ほど体に良い。
 ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンなどのサプリメントをいくら飲んでも、症状がよくなることはない。
 骨粗しょう症にカルシウム剤を使ってもダメ。日々運動することで骨は強くなる。
 食品中のプリン体含有量と、血液中の検査値とは関係がない。
 精神的ストレスは寿命にいっさい影響しない。身体的ストレスは適度にあったほうが良い。
 有酸素運動と無酸素運動は区別できない。毎日少しでも運動することが大切。
 ぎっくり腰になったと自己診断している人の多くは、単なる腰痛であり、椎間板ヘルニアではない。腰が痛いと言う人の9割は何の障害も起きていない。痛いという記憶の信号が頭の中をめぐっているだけ。
 部分痩せできることを証明した運動法や健康器具は、一つも存在しない。
 ブルーベリーで目がよくなったというデータは存在しない。
 水を飲んでも血液はサラサラにならない。血液が薄まるだけ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0