So-net無料ブログ作成
検索選択

逆境を生かす人 逆境に負ける人 [読書メモ2017]

『逆境を生かす人 逆境に負ける人』 アル・シーバート 2016/04

逆境を生かす人 逆境に負ける人
著者はアメリカの心理学博士。2009年没。 心の弾力性が大切であるという本。

 心に弾力性がある人は挫折や困難を乗り越え、しかもそれによって成長する。そして、誰でも弾力性は身につけることができる。
 弾力性がある人は、被害者意識を持たず、自分の感情を建設的な方向に向けることができる。
 人生を(自分で)コントロールすると決めると、人生は好転し始める。
 ストレスが問題なのではない。それに対する自分の許容力を高めればいいのだ。
 自発的に問題に向き合って行動を起こす人は、逆境に強い。
 楽しめるものを持っている人は健康と活力を手に入れる。
 ある程度のストレイン(ストレス)は健全なライフスタイルのために必要。
 楽しむことが問題解決につながる。 問題について考えるのをやめると、思わぬ糸口が見つかる。
 好奇心は、心の弾力性を高めるためには必須の要素。
 セレンディピティを発揮することが究極の心の弾力性となる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。