So-net無料ブログ作成

生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか [読書メモ2017]

『生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか』 山岸明彦 2015/09

生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか (知のトレッキング叢書)
著者は東京薬科大学生命科学部教授。 アストロバイオロジー(宇宙生物学)を紹介する本。

 スウェーデンの物理化学者アレニウスは晩年、「地球上の最初の生命は、宇宙からもたらされた」という「パンスペルミア仮説」を発表する。 パンスペルミア仮説の中核をなす考えは、「生命の惑星間移動」。 時代が進むと、高層での探査技術が発達し、数十km上空までの間に漂う微生物を、何種類も捕らえられるようになった。これらの観測結果から、「地球大気の高層部分という過酷な状況下であっても、微生物は生存できる」ということがわかった。
 微生物が宇宙空間に放出される原動力として最近注目されているのが、「ブルージェット」「スプライト」「エルブス」といった高々度放電発光現象。
 こうして、宇宙を漂っている有機物や微生物をISSで捕まえることを目的とした実験「たんぽぽ計画」がスタートした。 たんぽぽ計画の目的は、①宇宙空間で微生物を捕集する ②地球の微生物が宇宙空間でどのくらい生存できるかを調べる ③地球の有機物の起源を調べる。
 地球最初の生命が発生した場所で、有力なのが「海底熱水説」。しかし、核酸をつくるには、「乾燥」という工程が必要で、海底で最初の生物が誕生するのはとても難しいと考える。私が最も可能性が高いと考えているのが、陸上の温泉付近。
 「生命が誕生した年代」については、少なくとも38億年ほど前には存在していたのではないか、とされる生命の痕跡(同位体比率の異なる炭素)が見つかった。
 生命誕生の謎を解き明かす方法としては、2つのアプローチが考えられる。1つは「無機化合物から有機化合物がつくられ、そして生命へと発展してきた」という化学進化について考えること。もう1つは「現在の生物の共通祖先を探しあてていく」方法。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。