So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の敵 [読書メモ2017]

『東京の敵』 猪瀬直樹 2017/01

東京の敵 (角川新書)
著者は作家、元都知事。 東京都政が抱える問題点を指摘する本。

 都政の妨げになっている2人のドンが存在する。”都議会のドン”、自民党都連幹事長だった内田茂氏、そして、”五輪のドン”、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森善朗氏である。
 僕は副知事だったころから、しばしばメディア関係者に「内田茂という都議が都政の妨げになっている」と指摘していた。しかしその当時は「たかが都議会議員でしょう」と言われて、まったく関心をもってもらえなかった。
 ”都議会のドン”の権力の一つは、副知事を承認する権限。 副知事の就任には、都議会の承認が必要となる。 都議会の場合、副知事は通常、役人の最終ポストと思われていて外部の人材の前例が少ない。
 なぜ東京都連幹事長というポストはそれほど権力があるのか。 まず自民党の都知事や都議の公認候補はもちろん、都選出の国会議員の公認権も、自民党本部ではなく都連が決める。 都連の会長(国会議員の石原伸晃氏)は名誉職にすぎず、実際の公認権を持っているのは都連幹事長。だから東京都を基盤とする40名以上の国会議員たちのほとんどが内田氏に頭が上がらない。 そのような幹事長ポストに2005年以来10年以上君臨していたのが、内田氏。
 内田氏は2010年から地元の千代田区に本社を置く東光電気工事の監査役を務めている。そして同社を含むJVがオリンピックの「有明アリーナ」などの施設工事を落札している。
 新国立競技場やエンブレムの問題など、五輪をめぐって不祥事が噴出したのは、東京五輪組織委員会のガバナンスに問題があるから。組織委員会のトップである森氏がガバナンスを利かせていないがゆえに、無責任体制ができあがってしまった。
 五輪関連組織の幹部は、森氏の息の掛かったメンバーばかり。組織委員会の副会長だったトヨタ自動車の豊田章男氏が辞任したのは、森氏との対立が背景にあったのは明らか。
 オリンピックは都市のものであり、東京の担当なのに国に主導権を奪われている。その大きな理由は、森会長の存在と、前都知事・舛添氏のリーダーシップの欠如にある。
 メディアは批判だけしていればよい、そうであるならば気楽な稼業です。役人も、結局は政治家が最後に介入するから、「おれたちも関係ない」という態度になっている。こうして国中が無責任体質となってしまう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: