So-net無料ブログ作成
検索選択

ドライバーレス革命 [読書メモ2017]

『ドライバーレス革命』 ホッド・リプソン 2017/02

ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
著者はコロンビア大学機械工学教授。 ドライバーレス技術の開発についてまとめた本。

 マシンビジョン(機械視覚)の研究者は数十年にわたり、視覚で捕らえた環境を人間のように迅速かつ正確に「理解」できるソフトの開発を試みては失敗を繰り返してきた。 しかし最近になって、人工知能が飛躍的に進歩し、この停滞状況を一変させる可能性が見えてきた。
 ドライバーレス・カーのテクノロジーはほぼ成熟している。イーロン・マスクは、現在の状況をこう述べる。 
 予測では、自動運転車は2025年には市販される。そして2035年には新車の10%が完全自動運転車になり、全世界における市場規模は380億ドルに達するという。
 毎年120万人が自動車事故で死んでいる。 車の90%が自動運転車になれば、車に関連する年間死亡者数は、米国だけでも3万2400人から1万1300人に減るという。
 最初の自動運転車は、特殊な場所に登場するだろう。実際、鉱山や農場では、すでに自動運転の車両を使っている。貨物輸送にも早くから導入される可能性がある。
 車間を詰めて別の車両の後を走れば、エネルギーを節約できる。こうしたテクニックを「プラトゥーニング」という。 ドライバーレス・カーはプラトゥーニングで路上スペースを有効に使える。 90%が自動運転車になれば、道路の容量が2倍になったのと同じ効果がある。
 都心に駐車する必要がなくなれば、未使用のスペースがたくさん生まれ、都市の発展に再利用できる。
 低コストで効率のいい移動手段(自動運転車)には、人との接触が減るというマイナス面がある。
 自動車メーカーがこれまでのビジネスモデルを再考しなければならなくなった背景には、4つのトレンドがある。①電気自動車 ②ワイヤレス機器の普及 ③カーシェアリング ④自動運転車 である。
 段階的な移行をベストだとする考え方には反対だ。 大切な作業を2人に任せるのは「責任の分割」と言われ、古くから管理上してはいけないこととされる。自分が失敗しても相手がいるから安心だと思い込んでしまうからだ。 グーグルは、従来の車とドライバーレス・カーの間に中間地点を置くべきではないと考えている。
 ドライバーレス・カーの最後の課題は、信頼できる人工知覚ソフトの開発である。
 デジタルカメラは急速な進歩を続けているが、皮肉にもその最大の弱みは、テクノロジーと関係ないところにある。泥だ。
 ディープラーニング・ネットワークの大きな強みは、物体を認識する能力を自力で身につけることだ。だが皮肉にも、ある問題が生まれる。「ブラックボックス構造」である。ソフトが出力を生み出すステップを遡って分析することが、事実上不可能なのだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仕事の問題は30秒で解決できる [読書メモ2017]

『仕事の問題は30秒で解決できる』 石田健一 2016/10

仕事の問題は30秒で解決できる
著者はパーソナルコーチ、ブランディングコンサル。 素早く仕事をさばく方法を教える本。

 超一流とそうでない人との確実な違いは、「スピード=行動力」。 超一流は、短時間で考え方や視点を変え、すぐ行動する。
 原則1:ゴールを設定する。理想像を具体的にイメージする。
 原則2:単純作業などの仕事は徹底的に「仕組み化」する。
 原則3:目標を細分化して確実にやる。
 30秒で相手の心をつかむ「トランジションワード」。 ①順序立て 第1に、第2に、第3に ②結論につなげる 結果として、従って、結論としては ③具体例の提示 代表的なものとして、最近では、たとえば。
 人間が一度に知覚できるのは13文字程度。 プレゼンで選ばれるか埋もれるかは「13文字」で決まる。
 オリジナリティとは、それまで存在しなかった「組み合わせ」。
 いつでもアイデアを生み出す方法としておすすめなのは、「ストック(メモ)」しておくこと。
 有意義な会議にするためには、「会議の目的とゴールイメージ」の共有が必須。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夢を喜びに変える自超力 [読書メモ2017]

『夢を喜びに変える自超力』 松田丈志・久世由美子 2017/03

夢を喜びに変える 自超力
著者松田は水泳選手、4回のオリンピックで4つのメダル。久世はそのコーチ。 最高のパフォーマンスを出す方法などについての本。

 結果を出すには目標設定が必要。重要なのは、その目標を達成するために何が足りないのか、その目標までにどのくらいの距離がるのかを的確に分析すること。
 成功する確率を上げる努力や工夫をすることが大切。そのためには自分を客観視する視点=日々の記録が欠かせない。
 そのスタイルで結果を出せなかったからには、視点を変える必要がる。視野が狭くなっていたのかもしれない。
 ここ一番で力を出し切れなかったり、調子が上がらないのは、自分の心と体の状態に普段から無頓着であることに原因があるのではないか。
 やみくもに大きな目標設定をするだけでは、人のモチベーションを駆り立てることはできない。 全力で頑張って、ようやく到達できる「少し上」の目標を、そのつど設定する。
 真に有用なノウハウは、最終的に自分自身が実践することでしか得られない。
 努力を積み重ねても結果が出ないスランプのときは、”変化”を加える工夫が必要。
 場所や環境を選んでいては、せっかくの学びの機会を失うことになる。
 時間は有限。学びのスピードが勝負を決める。学びのスピードを上げるには、会うべき人に会い、行くべきとことろに行き、他者から学ぶ。
 どうしてもその気になれない日は、「100%すべてをこなさなくてもいい」と考えて一歩踏み出す。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

痛覚のふしぎ [読書メモ2017]

『痛覚のふしぎ』 伊藤誠二 2017/03

痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム (ブルーバックス)
著者は関西医科大学副学長。 痛みのメカニズムを解説する本。

 視覚、聴覚、味覚、臭覚を除く、皮膚、筋肉、内臓で生じる感覚は一括りにして体性感覚と呼ばれる。 
 1回だけの痛みの役割は警告反応。 慢性痛は、そもそもの役割が失われている。慢性腰痛は大脳の記憶が原因。 3ヵ月以上にわたって続く慢性腰痛の多くは検査をしても原因がわからない。
 腹痛が長期間持続する患者では、検査をしても異常が見つからず、ストレスなどが痛みの原因になっている場合も少なくない。
 痛みを客観的あるいは定量的に評価することは、いまもってできていない。主観的な評価方法に頼っているのが現状。
 痛みを引き起こす強い刺激は侵害刺激と呼ばれる。 受容器には、熱侵害受容器、機械侵害受容器と化学侵害受容器がある。
 カプサイシン受容体は、熱に対する侵害受容器(イオンチャネル)でもある。 辛いものをホットというのは偶然の一致ではないでしょう。
 強い機械的刺激に反応して痛みを伝える侵害受容器のタンパク質は見つかっていない。
 局所麻酔は軸索の内側からナトリウムチャネルを阻害して、一時的に活動電位を発生させなくする。 先天性無痛症の原因はナトリウムチャネルの欠如。
 記憶学習と慢性痛は同じメカニズム。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

部下がアスペルガーと思ったとき上司が読む本 [読書メモ2017]

『部下がアスペルガーと思ったとき上司が読む本』 宮尾益知 2017/04

部下がアスペルガーと思ったとき上司が読む本
著者はどんぐり発達クリニックを開院。 社会人になってからアスペルガーと分かった人の対処法を教える本。

 医療機関の受診にみずから向かう人は、職場ですでになんらかの不適応を起こしている。 職場や人間関係をこじらせる原因は実にシンプル。自閉症スペクトラム(ASD)への理解と気づきが少し遅かっただけなのだということ。
 アメリカ精神医学会の診断基準DSM-Vでは、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、高機能自閉症などすべてをスペクトラム(連続体)な関係であるとして、自閉症スペクトラムとして考えるようになった。そのためアスペルガーという診断名はなくなった。
 アスペルガー症候群には、①社会的関係の障害、②コミュニケーションの障害、③想像力と創造性の障害の3つ組みの障害がある。
 会話(言葉)のウラが読めない。たとえ話や皮肉が通じない。 予定外のことに戸惑う。予定外のことが起こった時に、すばやく発想を転換することが不得意なため、フリーズしたりパニックを起こす。
 アスペルガー症候群の人には知的障害がないことから、幼少期に指摘される機会が少なく、大学に進学してから、または就職後などに気づくことがある。気づかないままうつ状態になり学校や会社の中で脱落していく人が少なくない。
 平成27年の労働安全衛生法の改正で、企業は従業員のメンタルヘルスの不調を予防する対策が義務化された。
 新型うつとASDは似ている。新型うつの特徴は、すべては他人のせいで、困難から逃げて、ルールに反発し職場に適応しない代わりに、職場以外ではまったく問題が見られないようなタイプ。
 いま求められている上司は、いま求められている学校の先生の姿。
 ASD傾向のある人の特徴は、成績がよく育ちもよく、真面目で素直。職場の環境に適合すれば、出世する人は珍しくない。
 周囲のやりにくさは、その人がパターンに固執するときに生じる。 逆に考えるならば、パターン化されていれば多少困難なこともやりとげるという意味でもある。
 ASDの人たちには明文化されていない暗黙の決め事のようなことがとても苦手。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

6月第4週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『役員になれる人の「数字力」使い方の流儀』 田中慎一 2016/08
『同調圧力メディア』 森達也 2017/04
『生物の「安定」と「不安定」』 浅島誠 2016/12
『大学1年生の歩き方』 トミヤマユキコ・清田隆之 2017/04
『未来に先回りする思考法』 佐藤航陽 2015/08
『ゼロデイ』 山田敏弘 2017/02

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 [読書メモ2017]

『役員になれる人の「数字力」使い方の流儀』 田中慎一 2016/08

役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)
著者は財務戦略コンサルタント。 数字で考え、数字で伝えなさいという本。

 頭の中の知識は、思っている以上に間違っていることが多い。私たちは知らず知らずのうちに「思い込みの罠」にハマっている。
 「数字力」とは、「なんでも数字に落とし込んで理解する作法」。
 日本経済が抱えている最大の問題は、労働力(生産)人口が減っていること。
 「移民が増えると犯罪が増える」 → 外国人居住者は増えているけど、実際には犯罪件数は減っている。
 数字力の基本作法は、「(データを時系列に)ならべる」と「くらべる」。 くらべるときに便利なのが「ファンチャート」。ある時点のデータを1とした折れ線グラフ。
 「財政赤字が慢性化した原因は、国の無駄遣い」 → 財政赤字の最大の要因は少子高齢化。  若い世代の投票率が80-90%になれば、政治家はこれ以上問題の先送りはできなくなる。
 儲けの構造を理解するには「ボックス図」を使う。
 1人当たり粗利が1人当たり人件費の3倍くらい(労働分配率33.3%)になっていると、適正水準の給料が払える。
 ROA=売上高利益率X総資本回転率。 ROAはブレークダウンして使ってこそ価値を発揮する。
 ROEは小手先のテクニックで高めることができるので、ROAの向上こそ経営のテーマにすべき。
 一度でも社内会議に同席させてもらえれば、「いい会社」か「パッとしない会社」か、すぐにわかる。パッとしない会社では、発言している内容が「ファクト」なのか「意見(感想)」なのかがハッキリせず、伝えたいことがよくわからない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

同調圧力メディア [読書メモ2017]

『同調圧力メディア』 森達也 2017/04

同調圧力メディア
著者は映画監督・明治大学特任教授。 2010年7月から『創』に掲載されたエッセー(論評)を集めた本。

 つい十数年前まで法務省は、死刑囚を処刑したことすら公開しなかった。徹底した秘密主義。死刑の存続理由のひとつに犯罪抑止を掲げながら、これを隠すことの矛盾に気づかない。 執行の事実と人数を明らかにするようになったのは1998年。メディアが要求したからではない。中村正三郎法相(当時)の指示だった。処刑した死刑囚の名前を明かすようになったのは2007年。この決定にもメディアは関与していない。鳩山邦夫法相(当時)の指示だった。つまり死刑制度における情報公開について、メディアは全く機能していない。
 メディアが沈黙し続けてきた理由はわかっている。国民が死刑についての情報公開を求めなかったからだ。つまり市場原理。(報道が)営利企業である限りは、この原理から逃れることはできない。
 (鯨肉の横流し)情報を開示したGPJ(グリーンピース・ジャパン)スタッフと船舶をぶつけたピーター・ベスーン(シー・シェパード)は有罪判決。(衝突)情報をネットに流出させた海上保安官の逮捕は見送りになった。あまりに一貫していないし、少なくともフェアではない。なぜなら捜査や司法の判断が民意に迎合しているからだ。
 タイ語の通訳に「不謹慎は訳せません」と言われた。タイ語にはないそうだ。英語にもないかもしれない。要するに「みんなが右に向かって歩いているのに、どうしてあなたは左に行こうとするのだ」が、不謹慎の本質だ。つまり同調圧力。だからこそ他の言語にはない。だって左に行ったからといって、誰かに迷惑を掛けたわけではない。個人の自由のはずだ。でも日本では、その個人の自由の許容度が極めて小さい。
 かつて選挙報道の際には、アンダードッグ効果という言葉がよく使われた。要するに判官びいきだ。ここ数年は、まったく事情が変わってきた。むしろ反転している。優勢と伝えた党や候補者に、さらに多くの票が集まるようになってきた。
 (アルバイト学生の悪ふざけ映像の投稿・炎上)この騒動を理由に閉店する店も含めて、社会全体が過剰反応すぎないか。とにかく一罰百戒。思い切り後悔させたい。そんな憂さ晴らし的な気分がこの現象の背景に駆動しているような気がして仕方がない。
 ほとんどの学生は、めくら、かたわ、ちんば、せむし・・・を知らないのだ。初めて耳にしたらしい。言葉がなくなるということは、文脈やそれに付随する歴史がなくなることを意味する。とても重大な問題だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

生物の「安定」と「不安定」 [読書メモ2017]

『生物の「安定」と「不安定」』 浅島誠 2016/12

生物の「安定」と「不安定」 生命のダイミクスを探る (NHKブックス)
著者は東京大学名誉教授。 発生生物学や分子生物学を解説した本。

 赤血球は、1秒間に230万個つくられ、同時に壊されている。
 ワトソンとクリックによるDNA分子構造の解明(1953年)から半世紀後の2003年、ヒトゲノムの解読完了宣言が行われた。 かつて、ヒトゲノムのすべてが解読されれば、ヒトの体の仕組みがすべて解明できると思われたことがあったが、そうではないことがわかってきた。
 DNAは2m(1本1m)。これが細胞核、約0.01mmの球体に入っている。
 タンパク質は立体的な構造(二次構造)をとることで機能するようになる。さらに折りたたまれて、三次構造、四次構造まである。
 ヒトの新生児は半年で体重を3倍にする。それを実行している分子的な実体は、がん遺伝子。正確には、増殖を適宜止められる細胞がん遺伝子である。これは正常な細胞の染色体内にある。
 ヒトは成人で1日300-400gのタンパク質が分解され、同じ量が合成されてる。
 「老化」の実体は、「生体の一生が進むにつれて生じる全体的な不安定化の傾向」。 老化とは幹細胞の不活化。
 マウスやラットの実験で、若い固体と老いた固体で血液を入れ替えると、老いた方、つまり若い血液を入れられた方は、筋肉や肝臓の幹細胞の活性が上がった。端的に言えば、若者の血を入れたら老人が若返ったということである。 逆に、老いた血を入れられた固体は認知機能が弱まった。
 老いた固体を若返らせ、また若い固体を老いさせた物質は、いずれも微量のタンパク質(サイトカイン)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大学1年生の歩き方 [読書メモ2017]

『大学1年生の歩き方』 トミヤマユキコ・清田隆之 2017/04

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ
著者トミヤマはライター、大学講師。清田はライター、「桃山商事」代表。 大学1年生を乗り切るノウハウを教える本。

 4月: 1年生というのは、オシャレをはりきりすぎているのですぐにわかる。オシャレが全然わからない諸君は、とりあえずユニクロか無印良品のコーディネートを丸パクりしなさい。自分で何とかしようとすると余計ダサくなるから、とにかく何も考えずパクる方向で。
 サークルに関しては、とにかく気になるところを全部覗いてみるのがオススメ。
 5月: どんなGWを過ごした人にも平等にやってくるのが、中だるみ。キケンなのは、特にこれといった理由もなく授業をサボるパターン。
 サークルにせよ、恋愛にせよ、「閉じた環境」にいると、その後の学生生活がちょっとずつ不自由になっていく。 やるべきことは、自分の居場所を複数化しておくこと。
 6月: このあたりから「入学マジック」が解けていく。「思ったほど〇〇じゃなかった」と感じることが増える。ここからが本当の大学生活。 キャラ設定をリセットするなら今がチャンス。
 自由になってかかるのは、「やるべきこと」を与えて欲しい病。 「ここからここまでやりなさい」と、クリアすべき課題を用意してもらいたい。こういう心構えは、中高時代の受験勉強に起因するもの。
 7月: この時期になると、大学教員である私の元には、試験やレポートのメールが大量に届く。問題はその訊き方。
 8月: 自由すぎる&長すぎる夏休み。大人が「若いときにやっときゃよかった」と思うのは、①無謀な読書 ②過酷な旅行 ③非マニュアル系バイト。
 10月: 試験結果が発表されて、上には上がいることを知る。ここで自堕落な生活に陥ると、恐ろしいことに、こちらの”ダメ分野”もすでに激戦区。下には下がいる。
 11月: 学園祭は普段立ち入らない場所に入ってみるチャンス。
 3月: 大学とは多様性について学ぶ場。 何度でも仕切り直せる場所、それが大学。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: