So-net無料ブログ作成
検索選択

みんなの検索が医療を変える [読書メモ2017]

『みんなの検索が医療を変える』 イラド・ヨム=トフ 2017/05

みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待
著者はマイクロソフト・リサーチ主席研究員。 大量のネットデータが医療の改善に役立つという本。

 人は、平均1日に5-8回(ネットの)検索をする。
 受動的な、邪魔にならない観察、たとえばネットデータに由来する観察が、ときには唯一可能なデータの収集法である。がんに罹った子を持つ両親が診断直後の数週間にどんな経験をするのかを調べる場合、被験者の多くは実験に参加しないしアンケートすら仕上げることができない。「打ちのめされた」状態にあり、途方に暮れているからである。
 自分の収入や体型についての嘘はネット上にありふれている。嘘をつくもっともな理由があるとき、人は嘘をつく。しかし匿名となるとこうした誘因はなくなる。検索エンジンで調べ物をするときやヤフーアンサーズ(日本ではヤフー知恵袋)などの掲示板で匿名になるときなどである。
 (医療)サイトのなかには不注意なものもあり、あらゆる可能性を挙げているが、実際そうしたものは極めて稀かありえないものだったりする。このため多くの人がいわゆる「サイバー心気症(病気であるとの思い込み)」に罹っている。
 より悪化する方法をアドバイスしているもの(サイト)もある。とくにある種の精神疾患、たとえば拒食症に当てはまる。
 「ウェルテル効果」は、自殺の記事が「模倣」自殺につながるという現象を表現するのに使われている。 拒食症についても似たようなプロセスが作用している、と考えている。
 検索エンジンで薬を検索する人数と、アメリカにおけるその薬の処方箋の発行数には高い相関がある。 医薬品の検索をした人のうち、十分な数の人が後に副作用を検索したのであれば、副作用の存在を示すだろう。
 大量のネットデータは前例のない機会をもたらす。薬の有害反応、病気の新たなリスク要因、感染症の発生をモニターして公衆衛生の改善に貢献する。 医者にかかる前にオンラインで検索するという事実は、医学的問題の迅速な発見を実践可能なものにする。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: