So-net無料ブログ作成

海水の疑問50 [読書メモ2017]

『海水の疑問50』 上ノ山周 2017/09

海水の疑問50 (みんなが知りたいシリーズ4)
著者は横浜国大大学院教授。 海にまつわる疑問に答える本。

 沖縄やハワイの海が青く見えるのは、白い砂浜が関係している。海面から入った光が、海底の白い砂で散乱して、再び海面から出て眼に届く。海水中を往復する間に赤色光だけが水に吸収され、結果として「青い海」が見える。砂浜がなく、深い海だったら、戻ってくる光がほとんどないので黒っぽく見える。これが「黒潮」。
 ソマリア海流は季節によって向きが逆転する。
 南極周極流は、流量では世界一大きい海流。
 表層の海流は、海上風がその原因。
 海水は、火成岩と揮発性物質(原始大気)とが反応して生成した。
 海水がほぼ現在の組成になった時期は約20億年前といわれ、光合成で酸素が蓄積し始めていた。
 工業的に利用されている、海水中の資源は、食塩以外にマグネシウム塩、臭素、カリウム塩など。 将来的に利用できそうな資源として、リチウム、ウラン、ヨウ素など。ウランは海水1L中に3μg。
 2013年にアメリカの医学研究所が極端な減塩は危険であるかもしれないと発表した。最近の報告では、死亡率でみると、現在の塩分摂取量が一番良いことが分かった。
 岩塩は古代カンブリア紀(5.5億年前)から新生代第3紀(200万年前)までにできた。大ざっぱに恐竜時代に生まれたといっていい。
 海洋は層状の構造を持っているが、高緯度になるほど(層が)不明瞭になる。 海表面から200-400mを表層と呼び、季節で層厚が変化する。次が中深層。3000m以深を深層と呼ぶ。
 海水魚の血液の塩類濃度は海水の約3分の1。
 ホヤは海水中のバナジウムを1000万倍近い濃度で血液中にため込む。ホヤはバナジウムを利用して酸素を運ぶ。同様にホタテガイはマンガン、エビ・カニなど甲殻類やイカ・タコは銅を血球の中にため込んでいる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: