So-net無料ブログ作成
読書メモ2014 ブログトップ
前の10件 | -

『会社の正しい終わらせ方』 [読書メモ2014]

『会社の正しい終わらせ方』 筒井恵 2014/08
再起を目指す経営者に贈る 会社の正しい終わらせ方
 著者は中小企業診断士。 著者の夫の会社を清算した顛末などについての本。

 著者は夫の会社中山ステンレス工業とは別に(有)リンク・サポートを経営。
 夫の会社の問題点は、経理関係を会長である母が担当し、営業を担当する社長(夫)と相互に協議する場が皆無であったこと。社長は売上至上主義で、利益管理、資金繰りにはまったく関知しなかった。会社が儲かっているのか否か、誰にも判断できない状況が続いていた。
 銀行も当然、どうなっているのかと社長に直接ヒアリングを試みたようであるが、社長はいつも逃げていた。
 資金繰りを社長もしくは幹部が分かっていない会社は、非常に危険である。
 結局、夫は破産手続を法人と個人の両方で行なうことになる。筆頭債権者がリンク・サポート。
 (今の時代は)M&Aが増え、市場が寡占化している。仕入先や卸が拡大することで、中小企業は取り残されつつある。経営者がもっと数字感覚を持たないと、難しい時代になっていると感じる。
 中小企業に必要なのは「なんとしても営業利益・経常利益を出していく」という意識。利益を出し、内部留保して、それをさらに投資するという企業本来の姿を取り戻さなければならない。
 中小企業診断士のスタイルもいろいろだ。講演や書籍執筆に専念する人もいれば、補助金申請の専門家、現場改善の専門家などもいる。
 破産手続を行なうには弁護士に払う予納金を支払わないといけない。
 個人破産は、自由財産と言われる手持ち資金を持つことが許される。金額は総額99万円まで。
 夜逃げの実態は年間4万~5万件と言われる。倒産は罪ではないが、夜逃げこそ罪。
 開業率/廃業率は、日本4.6%/3.8%、米国9.3%/10.3%、英国10.2%/12.9%。「新陳代謝を高める」ことを国策として挙げるなら、廃業支援も重要である。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『尼さんはつらいよ』 [読書メモ2014]

『尼さんはつらいよ』 勝本華蓮 2012/01
尼さんはつらいよ (新潮新書)
 著者は尼僧。 尼さんの過酷な現状を紹介する本。

 頭をきれいに剃りあげ、法衣に袈裟・・・一心にお経を唱えて・・・写経などをしている優雅で清楚な姿をイメージされるのではなかろうか。そんなイメージ通りの尼さんは今やほとんどいない。もしいたなら、「歩く文化遺産」、絶滅危惧種である。
 仏教の「教師」という資格を持つ女性は、最新の統計で16万4千人もいるという。そのからくりは、ほとんどが新宗教教団の女性「教師」。つまり在家で暮らす有髪の女性仏教徒。
 なぜ尼寺から尼さんが消えたのか。尼寺の中に入ってみるとわかる。そこでは心の平安や自由や自己実現は得られない。わざわざ苦を求めにいくようなものだ。著者も18年前に「尼寺から出家」した。
 比丘・比丘尼はインドの言葉を音写したもので、パーリ語(俗語)では「ビック」「ビックニー」、サンスクリット語では「ビクシュ」「ビクシュニー」。
 男性の仏教「教師」は18万人。教師の定義は宗派ごとに多少相違がある。既成仏教教団では、女性教師は極端に少ない。例えば天台宗では男僧4千人弱に対し尼僧4百人弱。
 一歩尼寺の塀の中に入れば、そこは前時代的な封建社会。自分を殺して耐えるしかない。下の者に発言権はない。新入りは一日中掃除や炊事など「家事」に追いまくられる。まるで住み込み家政婦か介護ヘルパーといった状況である。
 どの宗派でも、ほとんどの寺院は宗教法人になっているので、代表役員である住職を変更する場合には、他の役員の同意をもらう手続きが必要である。
 台湾には尼僧が多く、尊敬を受けていることは有名。台湾では僧侶の80%以上が尼僧だそうだ。
 日本仏教は葬式仏教と言われ、お坊さんへの風当たりも強い。しかし明治以降、日本の僧侶はバラモンになったんだと考えたらよい。バラモンは生まれで宗教者と決まる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』 [読書メモ2014]

『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』 楠木新 2014/07
人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人
 著者は生保会社で勤務の傍ら執筆・講演活動。 「働かないオジサン」にならない方法を教える本。

 8割の人が将来「働かないオジサン」になる。「あの人」は、未来のあなた自身。オジサンが働かなくなるのは「構造的」な問題。正しい働き方を選べば、「働かないオジサン」にならず、ずっと輝いていられる。 イキイキと働いているかどうかが基準。
 「新卒一括採用」と「(ポストの)ピラミッド構造」が働かないオジサンを生み出す。新卒一括採用は日本独自の制度。数々の批判があっても、この制度を手放さないのは、それなりのメリットがあるから。日本では「メンバーシップ契約」によって、会社が社員全員に一体感を持った働き方を望んでいる。
 欧米企業のように、ミドルやトップに必要に応じて中途採用が行われるのであれば、何ら問題は生じない。働かないオジサンの課題は極めて日本独特のものであり、欧米のマネジメントの本からは解答が見出せない。
 かつてリクルート社に勤めていた人の話では、リクルートには働かないオジサンはいない。リクルートでは38歳で辞めると、退職金が最大になる。
 組織で働くことの意味に悩む状態を「こころの定年」と名付けた。これが40歳前後。「満たされない」ということが、40歳以上のビジネスパーソンの中心的な課題。世の中が求めていることの中から、自分が取り組む何かを見つけることが40歳以降の課題。
 出世する条件とは「エラくなる人と長く一緒にやっていく能力」。この能力は努力して獲得するというよりも、向き不向きの部分が大きい。
 ビジネスパーソンの多くは、会社に残るか独立起業するかの二者択一の議論に陥りがちである。しかしそれらは、所詮は働き方の問題であって本質ではない。
 働かないオジサンにならないための7か条。①足元の仕事をきちんとする ②会社の枠組みの外から眺める ③時間軸で見る ④師匠を探せ ⑤お金との関わり方を変える ⑥多様な自分を受け入れる ⑦自分の向き不向きを把握する。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく』 [読書メモ2014]

『部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく』 林文子 2014/05
部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく
 著者は多くの経営に携わった後、横浜市長。 「動かす」ではなく「動いていただく」という感覚が重要だという本。

 横浜市で成果が出たのは、職員の皆さんが自発的に目標に向かって行動したから。 営業においてもお客さまが自発的に買ってくださるようにすると、いい結果が生まれる。
 会話の出だしは、ポジティブに、肯定的な言葉から入る。 「最近、疲れているみたいだね」は言ってはならない言葉。
 上司の仕事は(部下の)事実を暴き出すことではなく、部下に「希望を持たせる」こと。
 成功体験は聞き入れてもらえない。「私も同じ失敗をしたからわかるよ」といった共感を示すのがポイント。
 部下には命令せず、頼りにする。「助けてもらえないかな?」
 部下の怒りは100%受け止めてから、論点を整理する。
 エネルギーの半分は部下との関係作り。
 ほめて、ほめて、ほめつづける。 注意するときも、「ほめる→叱る→ほめる」。
 部下がホウレンソウしないのは、ミスを恐れているから。上司が自分からホウレンソウする。
 一人でもできる部下への「放任」はNG。できる部下にこそ声かけを忘れない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『修羅場の極意』 [読書メモ2014]

『修羅場の極意』 佐藤優 2014/06
修羅場の極意 (中公新書ラクレ)
 著者は作家・元外務省主任分析官。 色々な修羅場から教訓を得るという本。

 著者は鈴木宗男事件に連座し、2002年逮捕され、東京拘置所の3畳(7.5平米)の独房に入る。
 マキアベリはこう記す。「(国王は)恐れられるのと愛されるのと、さてどちらがよいか・・・どちらか一つを捨ててやっていくとすれば、愛されるより恐れられる方が、はるかに安全である」。性格がよい人よりも、疑い深く国民から恐れられるような国王の方が、結果として国民に幸せをもたらす。
 菅伸子元首相夫人は偉大な政治思想家で、21世紀のマキアベリスト。もっとも夫の菅直人氏は、気が弱いところがあり、マキアベリズムを貫徹することができなかったので首相の座を失った。
 また、マキアベリは、追従者から身を守る手段として「君主は、国内から幾人かの賢人を選びだして、彼らにだけあなたに自由に真実を話すことを許す」と記す。
 イエス・キリストが剣によって戦わなかったのは、非暴力の戦いの方が、圧倒的に強いということを知っていたからである。弱いのではなく、強いから剣に頼らなかったのだ。 筆者はプロテスタントのキリスト教徒。
 ドストエフスキーは革命活動家として逮捕され、死刑判決を受ける。もっとも当初から、この死刑判決は、刑執行直前に減刑されるシナリオになっていた。「あれだけ威勢がよかった革命家も、こんなに温和(おとな)しくなる」という転向を可視化させる狙い。このような体験をした人は、その後一生国家を恐れる。
 プーチンはスノーデンにまったく好意を寄せていない。「インテリジェンス機関に勤務した者は、一生この世界の掟に従うべきだ」というのがプーチン大統領の信念。
 拘置所の夕食は早い。午後4時15分くらいだ。午後5時には勤務が終了し、当直者を除き帰宅するので、それに合わせて夕食時間が決まっている。
 外務省なんて組織にいたせいで、僕は敵に正面から立ち向かわないという知恵がつきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『頭が鋭くなる斎藤レッスン』 [読書メモ2014]

『頭が鋭くなる斎藤レッスン』 斎藤孝 2014/06
頭が鋭くなる齋藤レッスン
 著者は明治大学教授。『情報7daysニュースキャスター』出演。 頭を鋭くするコツや習慣についての本。

 体を動かさなければ、頭は働かない。ふくらはぎを伸ばすストレッチをすると、頭の働きのスイッチがONになる。 ジャンプは、人に会うとか集中力が必要な場面できわめて有効。体を軽くぴょんぴょんと上下に5~10秒揺する。
 話すほどに頭はよく働き、記憶力がアップする。 日頃から、新聞記事を一定のスピードで音読する。するとしだいにテキパキとした話し方ができるようになる。 音読には、頭の機能チェックのような要素もある。
 頭の回転が速い人は、ものごとを「スーパースローモーションのようにとらえている」。テレビ番組は録画して倍速で見る。
 頭の鋭い人は、好奇心にあふれている人。
 「これはすごい!」とほめると、不思議なことにその瞬間から自分の意識も覚醒する。
 頭を鋭くするには、人と交流することもきわめて大切。人と会話をしているだけで、頭は働きだす。
 たとえ頭が良くても、当事者意識のない人は役に立たない。当事者意識を持って責任を果たす、そういった「勝負していく感覚」があって、はじめて役に立つ。
 教養のための読書や勉強と、失敗したら責任を取らなくてはならない、判断力が問われる現場でのトレーニング、このふたつが頭をはっきりとさせ鋭くする。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『手抜き力』 [読書メモ2014]

『手抜き力』 斎藤孝 2014/06 
手抜き力
 著者は明治大学文学部教授。 最小限の労力で最大限の結果を出しましょうという本。

 手間、時間のムダがストレスの元凶になっている。「手抜き力」とは、そうした不要な手間や時間、ムダなことを徹底して省くスキルのこと。
 「もし」とか「万が一」ということは考えない。
 手抜き力とは「本質を捉える力」。手抜きが上手な人は、要領のいい人。「今やるべきこと」を見極める。手を抜くからこそ、物事の本質に集中できる。
 マニュアル&手続き重視が仕事のムダを生む。手続き主義者は「責任を取りたがらない」人。
 手抜き界の最大のカリスマは老子。老子思想は「無為自然」。何も為さぬのが一番、あれこれ考えるな、作為的なことはするな、という意味。
 優先順位を最優先に決める。 自分の「型」を決めて落とし込む。 「少なめ少なめ」の意識で時間を捉える。ゴールから逆算して必要な段取りを組む。
 100%を目指さず、60%の出来を狙う。
 決められない人に対しては、選択肢を絞って提示する。
 読書は2割読んで8割理解する。
 仕事ができる人ほど、エッセンスだけを見て瞬時に物事を判断できる。
 手抜き力とは「的外れ」をなくすスキル。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『初歩からの世界経済』 [読書メモ2014]

『初歩からの世界経済』 日経新聞(編) 2013/10
初歩からの世界経済 (日経プレミアシリーズ)
 世界経済の概略をわかりやすくまとめた本。

 これまでに何が起きたのか、今は何が問題になっているか、そして今後はどうなるのか、といった問題意識を持っていないと、その価値が量れない。それが国際ニュースのわかりにくさ。
 日本語にすると、グローバル化の意味は「国際化」というより「地球規模化」のほうがぴったりする。
 通貨の流通量(供給量)で見ると、ドル・ユーロ・円はいずれも13兆ドル前後が流通している。
 北極の資源を求めて、中国は12年、ウクライナから砕氷船を購入、国産の砕氷船の建造にも乗り出した。
 世界の海底油田が産出する石油は全体の4割を占めるまでになった。シェール革命で、国際エネルギー機関IEAは、17年にはアメリカが世界最大の産油国になると予想。低いエネルギーコストのおかげで生産拠点を再びアメリカ国内に戻す企業が少なくない。
 景気回復のメカニズムは、日本ではまず輸出が増え、その後個人消費が伸びるのがパターン。これに対しアメリカは、まず個人消費が増え、企業活動が活発になって雇用が改善し、消費がさらに拡大するというパターン。
 世界で流通しているドルの量を示す「ワールドダラー」は13年に6兆ドルに達しており、リーマンショック前の3倍にふくらんだ。
 米民主党の支持層はよりリベラルに、共和党の支持層はより保守的になっている。
 EU27ヶ国(12年当時)のGDPは16.6兆ドルでアメリカ15.6兆ドルを上回る。人口でもEU5億人、米3.1億人。一連の債務危機で、市場の圧力に迅速に対応できるだけの意思決定メカニズムがEUには欠けていると明らかになった。南欧各国の雇用情勢は厳しい。スペインの若者失業率は55%。全世界だと7400万人の若者が失業中だ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『だから日本はズレている』 [読書メモ2014]

『だから日本はズレている』 古市憲寿 2014/04
だから日本はズレている (新潮新書 566)
 著者は社会学者。 「おじさん」の勘違いはどこからくるのか、という本。

 なぜ日本にはジョブズみたいなリーダーがいないのか。必要ないからだ。 強いリーダーがいなくても大丈夫なくらい、豊かで安定した社会を築き上げてきたことを誇ればいい。 こんな「危機の時代」に「強いリーダー」が必要だという認識はもっともに思えてくる。 しかし一人のリーダーが世界のあらゆる問題を解決してくれるなんて幻想以外の何物でもない。
 日本の「クール・ジャパン」が迷走してしまう理由は、マーケティングと効果測定視点の欠如である。 「クール・ジャパン」のネタ元は1990年代に登場したイギリスの「クール・ブリタニア」だ。 何がクールかはその受容者が決めるものであって、日本が押し付けることではない。
 自民党が復活させた道徳副教材「心のノート」は、脈絡もなくポエムや標語、社会批評が、下手なイラストと共に最後まで続く。 自民党が2012年に作った「憲法改正草案」もまたポエムのようなものだ。ポエムというか90年代J-POPにそっくりなのである。
 情報が全て電子化され、それが全て指紋に登録されたら、僕たちは財布を持つ必要がなくなる。買い物をするときは指先をかざすだけでいい。ポイントカードも健康保険証、運転免許証も必要なくなる。 こんなに素敵で便利な「監視社会」。
 企業が実は真剣に考えなくてはならないのは、ソーシャルメディアの影響力の低さ。マスメディアを使った広告宣伝の代わりには、決してならない。「マスメディアの時代は終わり、次はネット時代だ」と言われる。それ自体が一つのメディアが世の中を多い尽くす、というマスメディア時代の発想。
 「社会人」は日本にしかいない。「入社式」「社会人」を英語に翻訳するのは難しい。日本に独特な概念。入社式が準備されないフリーターたちは「社会人」ではないと見なされ、社会保障などの面でも差を付けられる。
 格差社会のもと、その不幸ばかりが喧伝される若者だが、その生活満足度は約8割にも及ぶ。この数十年で見ても最高水準の数値である。今後の見通しについても「悪くなっていく」は7.8%しかいない。それが40代になると19.3%、50代では31.4%が「悪くなっていく」と答えている。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『知の訓練 日本にとって政治とは何か』 [読書メモ2014]

『知の訓練 日本にとって政治とは何か』 原武史 2014/07
知の訓練 日本にとって政治とは何か (新潮新書)
 著者は明治学院大学国際学部教授。 天皇・神道と政治、宗教との関係についての本。

 日本語の「まつりごと」には政治と祭祀がある。言葉によるコミュニケーションを前提とする英語の「ポリティクス」とは、全く意味が異なる。明治維新では祭政一致がスローガンとして掲げられた。戦後も皇居の中で、もうひとつの「まつりごと」が日々行なわれている。この「まつりごと」を含めて考えないと、日本の政治自体がわからなくなってしまう。
 政府が時間を定め、その時間に従って国民が一斉に同じ行動をとる、という支配の形式が1945年8月15日までの日本に確立していた。これを私は時間支配と呼ぶ。 天皇といえども、分単位のスケジュールを破る自由はなかった。ということは、当時の日本の究極的な支配者は時間であったとも言える。
 東京の中心にある広場、皇居前広場(皇居外苑)は、天安門広場より広く、世界一広い。 GHQが皇居前広場での政治的集会を一切認めない方針をとったので、日本では「広場の政治」が根付かなかった。
 それまでごく限定的だった「人を神にまつる風習」を靖国神社は大きく変えた。 靖国は日本文化の伝統から逸脱している神社だと言える。だから神社というよりも、陸海軍が解体された戦後に唯一残された軍事施設とみなした方がよい。
  明治になってから、人を神にまつる神社がにわかに増えた。天皇や忠臣を神としてまつる神社をふやすことによって、神社が国民の天皇に対する忠誠を培養するための有力な装置になっていく。 国家神道とは、神道を国家が管理すること。信教の自由を掲げる明治政府は「神社神道は宗教ではない」とした。いかなる宗教を信仰していようと、日本国民は必ず天皇を崇拝し、神社に参拝しなければならない、これは「臣民タルノ義務」である、という論理が可能となった。
 なぜキリスト教が信仰として日本では広まらないのか、それを考えるときの参照点が江戸時代。 江戸時代、キリスト教は禁止され仏教は宗教性を失い葬式仏教と化した。徹底した世俗化を図った時代が2百年以上も維持されたわけで、この間に日本という国は決定的に変わってしまい、今に至っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書メモ2014 ブログトップ