So-net無料ブログ作成

拡大自殺 [読書メモ2017]

『拡大自殺』 片田珠美 2017/08

拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中 (角川選書)

著者は精神科医。 周囲の人間を巻き込んだ「拡大自殺」の実態を解説する本。

 絶望感から自殺願望と復讐願望を抱き、誰かを道連れに無理心中を図ることを精神医学では「拡大自殺」と呼ぶ。現在世界中で頻発している自爆テロも、「拡大自殺」とみなすべきだろう。 親子心中や介護心中にも通じる。
 大量殺人を引き起こす6つの要因:①長期間にわたる欲求不満 ②他責的傾向 ③破滅的な喪失 ④外部のきっかけ(模倣元となる事件など) ⑤社会的、心理的な孤立 ⑥武器の入手。
 相模原市の障害者施設での大量殺人は、人生をリセットしたいという願望の表れであり、一種の自殺だったという見方もできる。 多くの無差別大量殺人は、赤の他人を道連れにした「拡大自殺」としてとらえられる。
 最近目立つのは、赤の他人を道連れにして高齢者が拡大自殺を図る事件である。2015年6月、走行中の新幹線の先頭車両で70代の男がガソリンをかぶって焼身自殺を遂げ、逃げ遅れた女性1人が死亡した。典型的な拡大自殺。
 2008年3月に土浦市で発生した無差別殺傷事件も典型的な拡大自殺。犯行動機は「複数の人を殺せば死刑になると思った。誰でもよかった」だった。
 ジハーディスト(テロ実行犯)の背景には、失望もしくは絶望が潜んでいて、それが拡大自殺への傾斜を深める一因になっている。 テロ組織のメンター(思想的指導者)は、自殺志望者を常に探している。
 イスラム過激派に入るのは主に移民2世もしくは新たな改宗者であり、移民1世や3世はまれである。
 自爆テロの実行犯は、しばしば絶望感を共有しており、それに由来する破滅願望もしくは自殺願望に突き動かされて、テロ決行に至ることが少なくない。それが殉教として称賛される風潮があると、同様の悲劇が繰り返されやすい。
 テロリスト犯などが警官の発砲を故意に誘発したとみなされる場合、アメリカでは「警官による自殺」と呼ばれる。 1998年から2006年までの間にアメリカとカナダで発生した警官による発砲事件のうち、36%が「警官による自殺」だった。 なお、「警官による自殺」の事例の62%に精神疾患の既往があった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

大学大倒産時代 [読書メモ2017]

『大学大倒産時代』 木村誠 2017/08

大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学 (朝日新書)

著者は教育ジャーナリスト。 少子化で大学運営が困難になる中、各大学の対応を紹介する本。

 2018年から18歳人口の減少が本格的に始まる。
 都市では有名私立大学が受験生集めに奔走し、大学寡占化が進む。一方、地方では18歳がさらにいなくなる。小規模私立大学が次々と倒産する悪夢が刻々と近づいている。
 18歳人口は2023年に110万人、2031年には99万人になると予想されている。
 現状でも、年々財政が厳しくなっている大学は非常に多い。私立大の15%ほどが事業収支差額比率でマイナス20%の大幅赤字である。
 全国の大学生256万人のうち首都圏は105万人で40.8%。 2040年度には、東京以外の全大学の40%が定員割れとの予測。
 東京や大阪など大都市でも、有名私大の拡大路線に巻き込まれ、志願者を減らす中堅私立大学が急増するだろう。
 全国に私立大学は約600校。首都圏と関西都市部の23校の志願者だけで41%を占める。 一方45%の私立大学が入学定員割れ。
 私立大学から公立大学に、設置者を私学法人から地方自治体に替える公立化がすすんでいる。公立大学は自治体を通じて地方交付税の直接的な財政支援を受けられる。
 大きな市場利益を生まない学校法人は、いったんなくなると、よほどのエネルギーがないと復活させることができない。 「定員割れの地方の私立大学は、淘汰されても仕方がない」という意見も多いが、地域の大学を殺すことは、地方消滅を加速することになる。
 2016年度から、文科省が全国に86ある国立大学にミッションの再定義を求め、特色ある大学づくりを促している。その3つの枠組みは、①世界最高水準の教育研究 ②特定の分野での世界的な教育研究 ③地域活性化の中核。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

危ない格言 [読書メモ2017]

『危ない格言』 榎並重行 2005/01

危ない格言 (新書y)

著者は文筆家。 ちょっと毒のある格言をまとめた本。

 ペテンがバレ、たぶらかされたことがわかった後にもなお、騙(かた)りの張本人を支持し続ける人々がいる。彼らは彼ら自身が欺かれたということを認めることができないほど気位が高く、その変更を受け入れられないのだ。
 有能な人間が、役に立つとは限らない。役に立つ人間は、特に有能である必要はない。有能な人間が役に立つのは、往々にして、その不能な部分によってだ。
 君が行い得る最善の行動を言ってみたまえ。そうしたら、君がなし得る最悪の行動を予測することにしよう。
 人々が誤りから学ぶのは、誤りを繰り返さないことではなく、同じ過ちを前とは少しばかり違ったやり方でまた行うことらしい。
 汚れてしまったからといって捨ててしまうわけにはいかない。できるだけきれいに洗ってまた使うことを覚えねばならない・・・君の人生、君の存在、君自身について。
 自分の欠点を埋めるより、うまく使う工夫をするほうが無理がない。
 最も贅沢で、最も洗練された社交・・・できる限り一人で過ごすこと。
 巧みな皮肉の弱点は、それが向けられた相手が、その皮肉を感取し、理解するだけの感受性や知性を持っていることが、滅多にないというところにある。
 賢人を見分ける目安・・・賢人は自分を賢人とは呼ばないし、他人からそう呼ばれるようなみっともない事態には立ち入らない。
 愛によってなし得ることは、すべて他の感情をもってしてもなし得る。
 恋愛の感情を、結婚という本来そのためにあるのではない制度に封じ込めるのは、所詮無理だ。
 人生の長さは、すべての人々に各々ちょうどよい。
 人間は、依然として、認識し理解するより、はるかに信じることが得意だ。
 政治が堕落するのではない。ありとあらゆる堕落が政治を生み、存続させてきたのだから。
 どんな壁をもってしても馬鹿の浸透を防ぐことはできなかった・・・バカに壁なし。
 世の中に山ほど教訓があるということは、何の慰めにもならない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

よくわかるギャンブル障害 [読書メモ2017]

『よくわかるギャンブル障害』 蒲生裕司 2017/09

よくわかるギャンブル障害 本人のせいにしない回復・支援

著者は厚労省・依存症対策専門官を経てこころのホスピタル町田に勤務。 ギャンブル障害を医療従事者の立場で解説する本。

 英語でgambleは賭けそのものを表し、賭ける行為はgamblingと言う。厳密には、問題となるのはギャンブルではなくギャンブリング。
 ”自己責任”という呪文がギャンブル障害の回復を妨げる。
 一般的な依存症のイメージに近いものが精神依存で、「薬物の血中濃度が低下すると、その薬物を再使用したい渇望が強く出現する状態」。
 パチンコ依存症、ギャンブル依存症といった表現が使われるが、ここに薬は関わっていない。なので医学的には依存症という表現は正確とはいえない。依存症ではなく嗜癖(アディクション)あるいは嗜癖障害という表現が使われる。
 ギャンブル障害の定義は、・嗜癖障害の一つ ・病的にギャンブルにのめり込む状態 ・ギャンブルに対する強い渇望が生じ、その衝動を抑えられなくなる ・ギャンブルの程度や頻度を制限できなくなる。
 厚労省推計で病的賭博者は約536万人。アルコール依存症は約80万人。
 ギャンブル障害は自殺のリスクが非常に高い。
 不安を感じやすい人ほど脳の側坐核が反応しやすい。
 パーキンソン病の治療薬の副作用でギャンブルの問題が出たという報告がある。 ギャンブルの問題が起こりやすい脳の状態もあるのだという視点を持って欲しい。
 ギャンブル障害そのものに対しては、薬の有効性は疑問。
 日本のギャンブラーの約8割にパチンコ・パチスロの問題があると言われる。 パチンコと相関があるのがたばこで、アルコールはむしろ逆相関。欧米のデータでは、アルコールの問題とギャンブルの問題は合併しやすい。
 問題となるギャンブルという行動のコストを上げれば、ギャンブルの頻度は下がってくる可能性がある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

誰も教えてくれない計画するスキル [読書メモ2017]

『誰も教えてくれない計画するスキル』 芝本秀徳 2017/02

誰も教えてくれない 計画するスキル

著者は(株)プロセスデザインエージェント代取。 計画を立てる方法を体系的に教える本。

 計画あるある。「計画は立てたものの、無理っぽいことがわかっている」 「細かいだけで、実行イメージがわかない」 「いつもあとから『これもやらなきゃ』が出てくる」 「いざ作業を始めようとしたときに必要なものがない」。
 計画は「守る」ものではなく、「使う」もの。
 計画を立てる利点・機能は、①実現可能性がわかる ②迷いなく行動に移れる ③コミュニケーションが取れる ④変更(軌道修正)ができる。
 プロジェクトとは、やったことがないことを、何が起こるかわからないのに計画して、予定通りのモノ(コト)を期限までにつくる(達成する)こと。 不確実性のないプロジェクトはない。やったことをないことをやるから価値がある、成果が出る。我々の仕事は、不確実性が成果を生む性質を持っている。
 不確実性に対処する3つのアプローチ。①不確実性そのものを小さくする ②徐々に不確実性を小さくする ③衝撃に備える(バッファを取っておく)。
 どんな仕事でも、真っ先にやるべきは「ゴールイメージの共有」。 ゴールを明確にする。 仕様の奥にある「真の要求」を理解する。
 計画を立てるときの鉄則は「段階的詳細化」。
 作業イメージがわかないプロセスは定義しない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか? [読書メモ2017]

『仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?』 飯野謙次 2017/02

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

著者はスタンフォード大学工学博士、失敗学会副会長。 ミスや失敗をする習慣を変えれば、それらを撲滅できるという本。

 小さな失敗をきちんと防ぎ、起こってしまったら適切に対処することが、大きな失敗を起こさないためのたった一つの道。
 ミスの少ない人は、普段の生活から「ミスをしない習慣」が身についている。
 失敗学会での取り組みを通して見えてくることは、世の中の事故も不祥事も、「まったく新しいこと」「まったく想定外のこと」が原因で起こることはほとんどない、ということ。
 同様の失敗が今も起こり続けているのは、かつて起こった類似の失敗が共有されていないから。 過去に必ずヒントがある。
 人間の絶え間ない注意力を必要とするものがあれば、それは「作業そのものが成熟していない。作業そのものに設計ミスがある」。
 共有するデータは1箇所で保存。2種類以上のバックアップデータをとる。
 たとえ正しくなくても、その通りにやったらできてしまうマニュアルが「よいマニュアル」。 仕事における「正しいけれどもわかりにくい」というのは、だいたいにおいて失敗の起きやすい手順。
 小さな事故を放っておくと、30回で大事故に発展する。
 コストを最小にすると、ミスも最小になる。
 仕事が速い人は皆、メールの整理・管理がうまい。
 目標を言葉に落とし込んで「視覚化」しておくことが、円滑なコミュニケーションの出発点。
 「どうやったら失敗できるか」とあえて考えてみる。
 仕事で起こる失敗というのは、「注意不足」「伝達不良」「計画不良」「学習不足」に分析でき、この4つの原因を取り除けば、個人の失敗に関しては恐れる必要がなくなる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

次の大量絶滅を人類はどう超えるか [読書メモ2017]

『次の大量絶滅を人類はどう超えるか』 アナリー・ニューイッツ 2015/04

次の大量絶滅を人類はどう超えるか:離散し、適応し、記憶せよ

著者はジャーナリスト。 生物の大量絶滅の歴史から、それを逃れる方法を考えるという本。

 大量絶滅とは本当はどういう意味なのか。2011年春に生物学者のグループが明確な定義を見つけ出した。地球上の大量絶滅は200万年以内に75%以上の種が絶滅する事象として定義できるということで、意見が一致した。
 化石記録を見ると、だいたい6200万年に1度は絶滅率が上昇する。
 私たちの太陽は銀河系を大きく1周しながら上下に動き、約6000万年おきに銀河系の平面の上に浮かび上がったり、下に隠れたりしている。 宇宙線は、絶滅という事象がおよそ6300万年おきに発生しやすい理由を説明するのに役立つかもしれない。
 大量絶滅は5回。どの大量絶滅もみな異なる形で展開していくが、最後はいつも、新たな生物の群集が定着したときに終わる。
 「恐竜は絶滅した」と言うよりも、正確には「恐竜は(鳥に)変化した」と言うべきなのかもしれない。人類は変化しないままでいられるのだろうか?歴史を見ると、それは無理そうだ。
 人間の遺伝的多様性は驚くほど低い。60億人すべてが、たった数万人程度の集団の子孫なのだ。
 人類の大量死は社会的要因(飢餓、パンデミック、戦争)と環境的要因(気候変動)が絡み合って引き起こされる。
 (大量絶滅や大量死の)生存者からの教訓は、離散し、適応し、記憶せよ。
 地球史上2番目の大量絶滅を引き起こしたのは、近くの超新星からのガンマ線バーストではないか、と一部の科学者は推測している。 核戦争や隕石の衝突や放射線事象を切り抜けるつもりなら、地球が回復するまで何ヶ月も、場合によっては何年も地下で暮らさなければならない。
 さらに先の未来へ進むと、都市を庭園や農場で覆うだけでは済まなくなるだろう。都市は生物的存在(食糧とエネルギーを自分で生み出す)にもなっていくかもしれない。
 地球を人類に優しい星にするための地球工学プロジェクトとしては、気温を下げて、二酸化炭素を大気中から取り除く必要がある。 太陽放射線管理(エアロゾルの放出)は、比較的安上がりで、10億ドル程度でおさまるだろう。
 100万年後まで人類が生き延びたいなら、地球は最も安全な場所ではないと認める必要もある。長期的な存続の鍵を握る事柄の一つとして、地球を脱出するための装置を作り出す必要がある。
 私たちが祖先の中の生存者たちから学んだ教訓があるとすれば、死にたくないなら同じ場所にとどまって変化に抵抗するのは賢い戦術ではないということだ。生き延びる者は広大な地域を歩き回る。敵に出会ったら、逃げ出して新たな環境に適応しようとする。戦う勇気よりも探検する勇気を選ぶのだ。 探検すれば探検するほど、人類がうまく生き延びられる可能性は高くなる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 [読書メモ2017]

『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』 上念司 2017/06

習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書)

著者は経済評論家。 中国の経済統計は水増しされているという本。

 これまで中国の地方政府の統計には「水分」が含まれていることは公然の秘密だった。なぜなら、中国においては昔から地方政府の集計したGDPの合計が、国家統計局の集計する全国のGDPの集計と一致しない(上回っている)から。 乖離が一番ひどかった2013年などは、率にして11%も上回っていた。
 しかし、ここへ来て遼寧省が初めて公式に「加水」を認めた。 ただ、私はこの公表は極めて政治的なものだと疑っている。 遼寧省は、習近平と激しく権力闘争を繰り広げる李克強の「地盤」。
 メイド・イン・チャイナの統計データを一切使わず統計を作るにはどうしたらいいでしょうか?唯一、中国共産党がごまかせない数字、それは輸入統計。 GDP統計が比較的正しいと思われる先進国の輸入の伸び率とGDPの伸び率は、明らかに右肩上がりの関係(相関)。 中国のGDPと輸入の相関を示すグラフは全体の4分の1ぐらいしか説明していない。
 実質経済成長率を毎年3%、30年間水増ししていたとすると、中国の現在のGDPは円換算で437兆円。未だに日本のGDPを追い抜けていないという結果が出た。
 経済成長したにもかかわらず、結局、中国の民主化がまったく進まなかったということ。アメリカでずっと信じられてきた「経済発展による中国の民主化シナリオ」は、完全に間違っていた。
 現在、日本の税収弾性値は3以上であり、1%の名目成長で税収が3倍に伸びる。税収と名目GDPの伸び率は正の相関関係があることは、世界中どこの国にも共通する。 しかし中国の税収は、名目GDPの伸びとは関係なしにランダム。
 高度経済成長が終わるポイントは「ルイスの転換点」として知られている。 都市への人口流入が終わるときが「ルイスの転換点」。 10年前には中国全土で約360万ヶ所の村が存在したが、現在は270万ヶ所に減少した。4分の3の農村で、出稼ぎに行ける若い労働力がなくなった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

エビ・カニの疑問50 [読書メモ2017]

『エビ・カニの疑問50』 日本甲殻類学会(編) 2017/09

エビ・カニの疑問50 (みんなが知りたいシリーズ5)

甲殻類についての疑問に23名の専門家が答える本。

 動物の総種数はおよそ150万種。このうち節足動物門が125万7000種で全体の82%を占める。 海洋生物の20%が甲殻類で、6万7000種以上。
 エビ・カニの仲間が昆虫やクモと違っているところは、ヒゲ(触角)が2対あり、脚が2叉に分かれていること。エビ、カニ、ヤドカリは十脚目。十脚目はフジツボやミジンコ、ダンゴムシなどとともに甲殻綱というグループ。さらに甲殻綱は、昆虫、クモ、ダニ、ムカデなどとともに節足動物門という大きなグループにまとめられる。
 ヤシガニはカニではなく、オカヤドカリの仲間。 ヤシガニも小さいうちは貝殻に入って生活している。 ヤシガニは成長が遅く、沖縄の個体群では寿命が50歳と推定されている。そして成長が遅く寿命が長い生物ほど、人間による乱獲で絶滅する可能性が高い。
 シオマネキの雄は片方だけハサミが大きい。左右どちらが大きくなるかは決まっておらず、調べるとほぼ1対1。敵に襲われたりして巨大化したハサミが捥(も)げると、巨大化したハサミが再生される。
 ザリガニなどの甲殻類が赤いのは、アスタキサンチンという色素のせい。そのもととなるカロテンという色素は植物によって作られる。ザリガニなどの甲殻類は、餌としている植物に含まれるカロテンを体にためて、体内でアスタキサンチンを作っている。 赤くないザリガニが見られる原因の一つは、食べた餌の成分による。
 カニの多くは、その脚の構造のせいで横歩きの方が早い。縦歩きのカニもいるが、横歩きより遅い。
 最古のエビは古生代の3.6億年前。中生代に入り恐竜が生まれ、それからカニ(1.85億年前)が現れた。
 獲れるのは伊勢だけじゃないのにイセエビと呼ばれるのは、最も古くから使われていた名前だったから。室町時代の書物に記録がある。
 獲れたてのエビの味は今一つ。少し時間の経った、お店で売られているエビの方が甘味や旨味があっておいしい。
 ズワイガニのことをマツバガニと呼ぶこともある。ズワイガニは標準和名、マツバガニは地方名。しかし、これと別に標準和名でマツバガニがいるので、ズワイガニと呼ぶほうがいい。
 カニが泡を吹くのは、呼吸のための水分が減ってきたから。
 フジツボもれっきとした甲殻類。食用の種類を食べると、カニやエビに似た味がする。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

図解でわかる! 地方銀行 [読書メモ2017]

『図解でわかる! 地方銀行』 高橋克英 2017/09

図解でわかる!  地方銀行

著者は(株)マリブジャパン代取。 地銀の特色・ビジネスモデルなどを紹介する本。

 全国の預貯金1165兆円のうち、約3割は地方銀行に預けられている。 全国の貸出金残高572兆円のうち、地方銀行は40.8%。 店舗数は、ゆうちょ銀行が24113店舗、地方銀行は10396店舗、大手行2443店舗。
 地方銀行は、地銀64行、第二地銀41行のあわせて105行。 各都道府県で1行以上ある。
 地銀105行は82にグループ化されている。2020年には20グループぐらいになる方向だという。
 地銀再編の3つの(収益悪化)要因は、①人口減少 ②競争激化 ③低金利環境の長期化。
 地方銀行の3大ビジネスモデルは、①貸出 ②有価証券運用 ③手数料。
 有価証券運用の37%(地銀)、31%(第二地銀)が国債。
 今後強化したい7つの成長分野は、①農業 ②海外 ③観光 ④医療・福祉 ⑤環境・再生可能エネルギー ⑥船舶 ⑦航空機。
 収益分野としての「新たな3つのコアビジネス」は、①シニア ②富裕層 ③金融商品。
 東京以外の101行の地銀のうち、85行が東京に拠点を構えている。それらは、東京駅から日銀近くの一等地に集中している。
 現在、AIやフィンテックへの対応が活発化している。
 ネット銀行・スマホ証券の台頭が地方銀行にとって無視できなくなっている。 電子マネーや仮想通貨の広がりも地方銀行の脅威である。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: