So-net無料ブログ作成

2月第2週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『不自然な食べものはいらない』 内海聡 2014/11
『それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。』 泉正人 2017/09
『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』 江幡吉昭 2017/11
『ヒトは何故それを食べるのか』 佐竹元吉ほか 2017/11
『「日米指揮権密約」の研究』 末浪靖司 2017/10

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

不自然な食べものはいらない [読書メモ2018]

『不自然な食べものはいらない』 内海聡 2014/11

不自然な食べ物はいらない

著者は内科医。Tokyo DDClinic院長 遺伝子組換え食品などに反対する本。

 遺伝子組換え(GMO)食品には、殺虫剤と除草剤耐性成分が含まれている。
 GMO作物そのものが殺虫剤成分を内部に作り出しているので、たとえ洗おうが何しようが、絶対に殺虫剤成分がなくならない。
 GMO食品3大障害といわれているのが、「がん」「アレルギー」「不妊」。
 岡本(自然栽培農業家): 日本で輸入している遺伝子組換え食品は8種類。大豆、トウモロコシ、なたね、てん菜(砂糖大根)、ジャガイモ、綿、パパイヤ、アルファルファ。 基本的にはお店では流通していなくて、ほとんどは家畜の飼料か食品添加物用、加工食品などの原料用になっている。
 日本の食糧自給率は39%といわれているが、額面どおり受け取ってはダメ。それを作るための農薬と肥料の原料は99%、ほとんどが輸入。だから事実上、食料自給率はほぼゼロといえる。
 GMO作物の狙いは、世界的な視点での食料支配。
 野口(種苗研究所代表): 現在の店頭に並んでいるカブやダイコンは、ほとんどがF1種と呼ばれる交配種。世の中に流通している種の多くがF1種になっている。
 私が訴え続けてきたのは、F1種のなかの「雄性不稔(おしべなどが退化して花粉ができないこと)」による不妊の問題。雄性不妊はミトコンドリア内の遺伝子の変異が原因で起こる。 ミトコンドリア遺伝子の変化は、動物にとっても無精子症の原因になることが最近の研究でわかってきた。
 有機農家の99%はF1の種を使っている。さらに、有機農法がいちばん肥料を使っているのではないか。


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。 [読書メモ2018]

『それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。』 泉正人 2017/09

「稼ぐ力」を身につけた9人のビジネスストーリー それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。

著者はファイナンシャルアカデミーを創立。「お金の教養」を教える。 稼げるビジネスモデルを考える鉄則を教える本。

 稼ぐための仕組みは、大きく分けて3つ。 ①強みを「売る」 ②強みを「貸す」 ③強みを「運用する」。
 ビジネスとして成功させるために不可欠となる視点: ①自分の「強み」は何か ②どんな仕組みで稼ぐか ③いかに「無料」を活用するか ④お金の出入りの「時間軸」をどう合わせるか。
 プラスアルファの価値はすべてオプション料金にするのが正解。
 平均価格の2倍にすると”別格”になる。例はダイソンの掃除機。
 ビジネスの世界における”センス”とは、利益を生み出せるアービトラージ(差)を見つけ出す能力のこと。
 お金を出す時の満足度が高いのは、投資になる支出。
 ”強みの中の強み”を最大限に生かし、より人に喜ばれる価値を提供して、単価を上げていく戦略に欠かせないのが、「スパイキー」思考。 ”自分が本当に注力すべき強み”を見極めて、それだけに集中する。
 「どれくらいお金をかけるべきか?」というときに、重要な視点となるのが「ROI(Return on Investment)」、投資対効果(かけた投資額に対してどれくらいの利益が見込めるか)という考え方。
 身につけておきたいのが「CPO(Cost per Order)」という感覚。受注1件あたりの集客コスト、という意味。売上の1割くらいをかけてもいいと言われる。
 リスクが少なく、大きな集客効果を得られるのが「無料」というアプローチ。
 世の中にある商品はほとんどが「時間と共に価値が下がる」。
 起業当初の最大のコストは、自分自身の生活費。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続 [読書メモ2018]

『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』 江幡吉昭 2017/11

500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続

著者は(株)アレース・ファミリーオフィス代取。 相続税を安くする方法を教える本。

 「得する相続」の鉄則: ①相続税対策は一刻も早く手を打たねば損をする ②2代目、3代目が主導した方がうまくいく ③昔からの付き合いは捨て、適切な相談相手を探すべし ④遠方であっても自分の目で土地を見るべし ⑤いざとなったら土地を売る勇気を持つ ⑥土地を利用して収益を上げる「経営者視点」を持つべし。
 資産が10億円あっても、3代に渡って(つまり3回)相続すれば1.7億円になる。
 都市農家の年間所得は約600万円。そのうち農業所得は25%。65%は不動産経営所得。
 2022年以降、生産緑地制度が順次期限切れを迎える。生産緑地を所有する農家が一斉に自治体に買取の申し出を行い、多くが宅地として売り出されたり、アパートなどが建てられたりするのではないかと危惧される。
 相続税の申告・納税をすませた後で、税額が増減するケースがある。増えるケースは、税務署の調査によって申告額が少なすぎるという指摘を受け「修正申告」するもの。減るケースとは、申告した相続人の方で納め過ぎに気づき、「更正の請求」という手続きを行うもの(5年以内)。 
 減額評価される(条件の悪い)土地は早めに処分した方が実は得。
 「広大地」にあたると認められれば、最大60%近い補正(減額)率が適用される。 2018年から「広大地」の評価は廃止され、「地積規模の大きな土地」の評価に代わる(減額幅が縮小される)予定。
 所有する不動産を地価の高いエリアに買い替えて、「小規模宅地等の特例」を受ければ、相続税は劇的に下がる。
 ファミリーカンパニーをつくって不動産を法人に移し、株式を生前贈与する手もある。


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ヒトは何故それを食べるのか [読書メモ2018]

『ヒトは何故それを食べるのか』 佐竹元吉ほか 2017/11

ヒトは何故それを食べるのか: 食経験を考える63のヒント

著者は昭和薬科大学研究員。 その食べ物(特に野菜)を食べるようになったきっかけなどの豆知識を集めた本。

 中国最古の薬物学(本草学)書である『神農本草経』は365種類の薬を選び、無毒で毎日服用可能なもの120種(上薬)、薬としてのみ用いるもの120種(中薬)、有毒ではあるが適切な処理をして薬とするもの125種(下薬)とした。これらは2千年前に神農本草経が成立する前の、さらに2千年くらいをかけて臨床が繰り返され選ばれたものと考えられる。
 アスパラガスは数千年前から、地中海沿岸で薬用植物や野菜として栽培されていた。古代ギリシアでは神聖な媚薬として宗教儀式に使われた。
 サンショウは中国の漢代の書物『神農本草経』では「蜀椒(しょくしょう)」。 縄文時代の遺跡から出土した土器よりサンショウの果実が発見された例もある。
 カビを使って酒を造るのは、中国、日本などの東アジアに限られるようだ。 紀元前3500年頃に「酒」を表す文字や酒器などの土器が出土する。 洋の東西を問わず紀元前3500年頃に酒が誕生したようだ。 『魏志倭人伝』(3世紀末頃)では、お葬式の最中に人々が「歌舞飲酒する」という記述がある。
 2千年前には、茶が薬用とされていたと考えられる。今でもお茶を飲んで安らぐことを「一服する」というように、薬を「服する」のと同じ扱いであることからも推察される。
 アパッチの人々はヒマワリの種を食べていた。おおむねこの地域がヒマワリの原産地。 紀元前1500年頃栽培が開始された痕跡が残っている。 アパッチの人々は、ヒマワリの種を殻から出して粉に挽き、練ってから石盤の上で焼いて食べた。
 ウリはコメの伝来とほぼ同様に、かなり古い時代から、渡来民によって日本に持ち込まれたと考えられる。 キュウリ(胡瓜)は「胡」の字から大陸由来のウリだとわかる。 キュウリには「黄瓜」という字もあり、昔は「キウリ」と読んでいた(黄色く熟してから食べた)らしい。
 大豆の原産地は中国東北部あたりと考えられ、作物としてのスタートは紀元前3千年前頃。 一方ヨーロッパへの伝播は近世になってから。
 意外にもコーヒーの食経験は飲用から始まったのではなく、古くは種子を食べることから始まっている。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「日米指揮権密約」の研究 [読書メモ2018]

『「日米指揮権密約」の研究』 末浪靖司 2017/10

「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)

著者はジャーナリスト。 米軍は地球の裏側でも自衛隊を指揮して戦争するつもりであるという本。

 いまや富士山は、日本人の普通の感覚ではとても理解できないような巨大な日米協同の軍事演習場となっている。 北富士演習場には、米軍と自衛隊が中東など地球の裏側で共同で戦争するための訓練施設がつくられていた。
 北富士演習場は日本側に「返還」し、自衛隊の管理下に移されたとき、日米両政府のあいだで、「毎年、最大270日間米軍が優先的使用権をもつ」という密約が結ばれた。
 イラクへの自衛隊派遣は、その実態は自衛隊が米軍の主導する多国籍軍に加わり、その軍事作戦の一翼を担っていたということ。
 陸自はカリフォルニア州で砂漠戦を想定した軍事訓練を米軍から受けている。 米軍が世界中で進めている戦争の現実を体験させ、将来自衛隊が米軍の指揮のもとで任務を遂行できるようにすることが目的。
 その背景には「戦争になったら、自衛隊は米軍の指揮下に入る」という秘密の取り決め、いわゆる「指揮権密約」の存在がある。60年以上前に日米政府が結んだこの密約は、いまも生きている。
 オスプレイが日本列島の上空を超低空で飛ぶのは、それ自体が日本の国土を戦場にみたてた軍事訓練。
 マグルーダー陸軍少将は、1950年10月に旧安保条約の原案を書いて、その中で「指揮権条項」を書いた。その後の日米交渉のなかで正式な条文からは消え、最後に「指揮権密約」として合意されることになった。
 日本における米軍の駐留は憲法違反ではないという「理論」をつくりあげたのがハワード国務長官特別補佐官。
 1951年7月、旧安保条約の条文が変更され、米軍が日本に駐留する目的が「日本の安全」だけでなく、「極東における平和と安全」のためとされ、その結果、米軍は日本の基地から海外へ自由に出撃できることになった。これが有名な「極東条項」。
 米軍司令官の「日本軍」に対する指揮権は、行政協定には明記されないまま、1952年に第22条に関する事実上の密約として合意される。 最後に吉田首相とクラーク極東米軍司令官が口頭での指揮権密約を結んだ。
 行政協定の内容は新安保条約に受けつがれ、現在まで生きつづけている。指揮権密約の適用範囲も、「日本区域における脅威」とされていたものが「極東地域における脅威」にまで広げられた。
 60年以上の時をかけて、指揮権密約を実行するための環境が整えられてきた。そしていま、ついに自衛隊が米軍の指揮のもと、海外で戦争する日が近づいている。


スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

2月第1週に読んだ本(まとめ) [既読一覧]

『「働き方」の教科書』 出口治明 2014/09
『働く理由』 戸田智弘 2007/07
『アスペルガーの子の「本当の気持ち」』 アズ直子 2014/05
『ノウハウ・マネジャーの教科書』 久野正人 2017/11
『宅配クライシス』 日本経済新聞社 2017/10

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「働き方」の教科書 [読書メモ2018]

『「働き方」の教科書』 出口治明 2014/09

「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本

著者はライフネット生命会長兼CEO。 どのように仕事と(人生に)向き合ったらよいかを教える本。

 人生の真ん中は50歳。 50歳という年齢は、自分の来し方を振り返り、この先自分がどう生きていくかを考える折り返し地点。
 50歳は自分のことがよく見える年齢。 リスクはリアルに認識できればコストになる。 自分の先行きが見え、子どもの行く末も見え、人生におけるさまざまなことが見えるようになってくるのが50歳という年齢。
 チャンスは何度でも訪れるという考え方は、理屈の上だけの世界。思ったときにやっておかなければ、次のチャンスが来るとは限らない。人生は「一期一会」。
 人生を無駄にする3つの行動は、「済んだことに愚痴を言う」「人を羨ましいと思う」「人によく思われたいと思う」。 人間は3番目に書いた「人によく思われたいと思う」ことから逃れるのが最も難しい。
 人生はトレードオフ。何かを手に入れれば、何かを失う。
 日本人にとって仕事の時間が占める割合は、多く見積もっても3割。要するにたいしたことはない。
 ビジネスの世界は、数字・ファクト・ロジック。
 若い人は、仕事を通じて自己実現しなければならないという呪縛にからめとられている。 わずかな期間の就職活動で自分に合った理想の職場や仕事が簡単に見つけられるはずがない。 自己実現を望むのであれば、死ぬ間際に判断すればいい。
 人間世界をリアルに認識すれば、部下はみんな変な人で、なまけもの。
 40代になったら、有限の感覚を持つべき。与えられた一定の時間の中で、どの幹を押さえ、どの幹を見ないようにするかという訓練をしなければならない。
 50代になって心掛けるべきことは、若い世代に何をバトンタッチするのかということを真剣に考えること。そういう意味では、50代は「遺書」を書く時期。
 50代ほど起業に向いた年齢はない。50代はリスクがほとんどコストに転化されていて、幅広い交友関係があり、お金の借り方もわかっていて、それなりに目利きの力もある。


スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

働く理由 [読書メモ2018]

『働く理由』 戸田智弘 2007/07
 
働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

著者はライター、キャリアカウンセラー。 先人の名言から仕事の意味を考える本。

 仕事とは自分の能力や興味、価値観を表現するものである。そうでなければ、仕事は退屈で無意味なものになってしまう。 ドナルド・E・スーパー(アメリカの心理学者)
 「人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短い」 中島敦『山月記』
 本当に好きなら苦労はいとわない。苦労したくないなら、結局それほど「好きではない」のである。 養老孟司
 そもそも働いてみないと好きなことは見つからないのではないだろうか。働かずに好きな仕事をみつけようというのは、まさに畳の上の水泳である。まずは飛び込まないと何も始まらないのである。 三浦展
 あんまり今の自分のやりたいことに凝り固まってしまうと、自分もまだ知らない、本当の自分のやりたいことを、見のがしてしまう。 玄田有史
 興味があるからやるというよりは、やるから興味ができる場合がどうも多いようである。 寺田寅彦
 決心する前に完全な見通しをつけようとする者は決心することができない。 H・F・アミエル(スイスの哲学者)
 厭々(いやいや)する労働はかえって人を老衰に導くが、自己の生命の表現として自主的にする労働は、その生命を健康にする。 与謝野晶子
 出来事が感情をつくるのではない。出来事の解釈が感情をつくるのだ。 作者
 人生において「本当にがんばった」と思える時期がどこにもなかったら、「やるだけやった」という自分の限界点らしきものを見極めなかったら、その人はある種のすがすがしさを持って自分の人生を振り返ることができないだろう。 作者
 「お前には無理だよ」と言う人のことを聞いてはいけない。 マジック・ジョンソン
 いかなる道であれ、一意専心で十年も全力投球すれば、その道で何とかなるもの。 本多信一


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスペルガーの子の「本当の気持ち」 [読書メモ2018]

『アスペルガーの子の「本当の気持ち」』 アズ直子 2014/05

ずっと生きづらかった私だからこそわかる  アスペルガーの子の「本当の気持ち」

著者は(有)アズを設立。2009年にアスペルガー症候群と診断される。 アスペルガーの子供への接し方を自らの体験からアドバイスする本。

 診断を受けたのは2009年。大人になってからのこと。診断結果を受けた瞬間、私は長年、私を苦しめてきた「生きづらさ」の原因がわかって、かえってスッキリしました。
 6歳の私は、自分が抱いている生きづらさを自覚できませんでした。 「ちゃんとしなさい」と言われても、その「ちゃんと」がよくわからなかったので、何をしてよいのかわからず、動くことができずにいました。
 感情表現や言葉遣いが独特で、コミュニケーションが苦手というアスペルガーの子たちは、「わかりやすいサインの出し方がわからないから困っている」ということを知ってほしい。 そのうえで「思い込み」をはずす。
 アスペルガーの特徴に「過敏体質」というものがある。 「におい過敏」もそのひとつ。体育館のマットや床のワックス、給食やトイレのにおい。 私もにおいが原因で、長い間「頭痛」に悩まされてきました。
 他に、音過敏や光過敏。「感覚過敏」によって、服が原因で体調不良を起こす人もいます。
 発達障害は全般的に「運動が苦手」とよく言われます。 左右の判断が遅いので、体操やダンスが苦手。
 アスペルガーへの配慮は、妊婦さんを気遣うのと同じ。においに敏感、夜更かし現金、心地よく過すなど。
 「きちんとしなさい」「やっておきなさい」では1人でやり遂げられない。お手本を見せながら最後までつきあってほしい。そして身につくまで繰り返し練習することが必要なことなのです。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: