So-net無料ブログ作成

トークンエコノミービジネスの教科書 [読書メモ2019]

『トークンエコノミービジネスの教科書』 高榮郁 2019/03

トークンエコノミービジネスの教科書

著者はロケットスタッフ(株)代取。 トークンを使ったビジネスを紹介する本。

 「トークンエコノミー」とは、一言でいうと「デジタル通貨による新しい経済圏」。 「トークン」とは、本書では「代替通貨」の意味。
 AmazonポイントやLINEポイントも、広い意味での「トークン」。 プレミアム付き商品券もトークンの一種。
 「トークンエコノミー」では、特定の範囲や対象でのみ使用できるトークンを介して、言ってみれば「閉じた経済圏」を構築し、その中で配布者が意図した経済活動を期待することができる。
 法定通貨による経済圏では、たいてい生産者と消費者の間に中間業者が入り、そうした業者に一定のお金が流れる。
 「トークンエコノミー」という概念が注目を集めるようになったのは、イーサリアムというブロックチェーンのプラットフォームの登場がきっかけ。 イーサリアムでは、「カスタム・トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨をつくることができる。この仕組みを活用することで、誰でも比較的簡単に仮想通貨を設計し、それを独自のビジネスに活用できるようになった。
 AmazonポイントやLINEポイントなどでは、開発チームの人件費や月々のサーバーメンテナンス費用など、膨大なコストがかかる。 一方、ブロックチェーン技術を活用したイーサリアムのカスタム・トークンの場合、一度トークンの配布が終われば、取引は自動的にブロックチェーン上で管理され、以後、メンテナンスする必要がなくなる。
 「閉じたマーケット」に特化したローカルな企業のほうが、こうしたカスタム・トークンを活用するメリットがある。
 日本の場合、「資金決済法」というハードルが存在する。 一方で「日本円での売買は一切しない」というトークンであれば、資金決済法の適用外。 トークンエコノミーにおいては、法定通貨をまったく使用することなく、完全に閉じた経済圏を構築することも可能。
 バウンティプログラムとは、トークンエコノミー内において、「メリットのある行動」をすることによって、トークンがもらえる、という仕組み。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: